キャンプ用品で女子力アップ! 好感度を上げる最新アウトドアグッズ事情 (1/2ページ)

キャンプ用品で女子力アップ! 好感度を上げる最新アウトドアグッズ事情

アウトドアギアもオシャレ競争が勃発

 代々木公園で開催されたアウトドアデイJAPAN2019の会場で特に目を引いたのは、キャンプ用品がとてもカラフルでファッショナブルになったことでしょうか。流行色は景気を現すと言いますが、ここ数年ビビットなボティカラーのSUV軽自動車が大ヒットしたり、時代が明るさを取り戻してきたようです。

 本当に景気が良いのかはわかりませんが、少なくとも、キャンプブームの背景には余暇をアウトドアで楽しみたい人々のアクティブな気分が反映されているような気がします。そんな数あるキャンプギアの中から、ビビッドなカラーで注目したアイテムをご紹介したいと思います。

 CHUMSはブービーバード(カツオドリ)のロゴマークが可愛いアウトドアファッションのブランドですが、テントやチェアなどキャンプ用品もリリースしています。

 2019モデルのテントはタイダイ(絞り染め)柄やサイケデリック柄などポップでカラフル。アメリカンカジュアルらしい楽しいデザインです。女性やファミリーにも人気が出そうですね。

「創業者がリバーガイド出身ですから機能性や素材といった品質にもこだわりがあります。アウトドアを満喫してわいわいと楽しめるようなラインアップを揃えています」(ランドウエル 広報宣伝部 渡部麻里さん)。CHUMSファンは要チェックです。

 

女子キャンプにアパレルも参入

 ここ数年、ネット上で見られるようになった「女子キャンプ」「キャンプ女子」というワード。女性たちが自分たちのお気に入りのテントやキャンプギアを揃えて、ガールズトークを楽しみながらアウトドアを満喫する。そんな新しいスタイルが徐々に拡散しているようです。 

 会場でひときわ華やかなテントを設営してたのはヨガウエアなどを手がけるクレイズ。出品していたのはゴージャスな花柄のドームテント。見た目のインパクトは絶大です。

 インスタ映えする女子ビーチキャンプをイメージして製作したのが白いテント。サイドを巻き上げられたり、虫除けメッシュも備え、日中は日除けテントとしても快適そうです。ワイルドな男子キャンプとは一線を画すファンシーなテントですね。

 さらにヨガウエアからヒントを得て開発したのが3wayスリーピングバッグ。「寝袋ですがファスナーで分割しベンチコート、ジャケットとしても着られるようにしました。女性が自然の中でリラックスできて暖かい機能的なウエアです」(株式会社クレイズ デザイナー 中村ユキさん)。

 同社はこれまでキャンプ市場には参入していなかったものの、女性の活動範囲がアウトドアに拡大した女子キャンプブームを受け、今後も新しい視点とアイデアで製品を開発する予定だとのこと。いわゆる「畑違い」の企業がどんなユニークな製品を投入するか楽しみです。

 


画像ギャラリー