「カーライフ」の記事一覧

さらに車種で絞り込む:

    取得年月で大きく異なる「普通免許で運転できるトラック」 大きな荷物を運ぶときは要注意

    運転するときは積載量ではなく車重をチェック 2007年(平成19年)と2017年(平成29年)の道交法改正で、それまでの「普通免許」で運転できる車両サイズが免許取得年別に大きく異なっている。簡潔にいえば「車重」や「積載量...

    続きを読む...

    カッコ悪すぎ? デカすぎ? 斬新すぎ? わずか一代限りで消えた悲運のSUVたち 

    時代に翻弄されたSUV スポーツ・ユーティリティ・ビークル、略称「SUV」が世界的なブームとなっている。使い勝手の利便性に富んでいるだけあって普段の生活からレジャーにいたるまで、もちろん仕事であれ、役に立ってくれるクルマ...

    続きを読む...

    「カリコボーズのホイホイ便」ってなんだ? 過疎化に負けじとアイディアで勝負するユニークな取り組み

    民話の里の村営バスに3社の”荷物混載”を開始 宮崎県の西部にある西米良村(にしめらそん)は、人口およそ1000人という県内でもっとも少ない人が暮らす自治体。豊かな自然と民話にも由来する「カリコボー...

    続きを読む...

      関東地方に寒波到来! クルマのフロントガラスが冷えたとき、絶対にやってはいけない行為

      29日は東京でも冬戻りの予想 春分の日もすぎて、ようやく暖かくなってきた日本列島なのだが、29日(日)には関東地方に寒波がやってくるという情報がある。関東の上空約1500メートルに0℃以下の寒気が流れ込み、広い範囲で雪が...

      続きを読む...

      60年超の歴史を誇る「軽自動車規格」 ボディサイズ&排気量の拡大を迫られた理由とは

      ボディサイズ14%増し、排気量はなんと8割増 国民の誰もが手にできる車両、という思惑で通産省(現経産省)が提唱した「国民車構想」だった。しかし、これとは別により現実的な枠組で考え出されたのが日本独自の車両規格、「軽自動車...

      続きを読む...

      プロの愛犬家に聞く! わんことの旅行に最適なクルマの条件とオススメ車種

      犬種によって合わせることも大切 愛犬家、犬の飼い主にとって、クルマはなくてはならない移動手段。なにしろ、犬は基本的に公共交通機関に乗車できない。できたとしても、かなり気を使う乗車になるはず。ゆえに、ドライブ旅行はもちろ…

      続きを読む...

      車検や取り締まりでの苦労も懐かしい? 平成ならではのドレスアップカスタム5例

      試練を乗り越えるためのひと工夫 流行り廃りの激しいクルマのドレスアップ。単なるトレンドに加えて法律の緩和や強化もあり、ひと昔前によく見たパーツやカスタムが、絶滅危惧種と化した例も枚挙にいとまがない。人によっては懐かしい…

      続きを読む...

      1 / 237123...102030...»