1歳を過ぎたら前向きに座っても大丈夫はウソ! チャイルドシートの正しい使い方とは (1/3ページ)

1歳を過ぎたら前向きに座っても大丈夫はウソ!  チャイルドシートの正しい使い方とは

チャイルドシートの後ろ向き装着はいつまで?

 これは子どもを自家用車に乗せることのある人にとって、かなりモヤモヤとした疑問ではないだろうか。

「1歳になったら前向きに座らせてもいい」と思っている人も多いが、それは大きな間違いであることを知ってほしい。国土交通省やJAFのチャイルドシートコーナーでも、子どもの体重が9kg〜18kg、身長が65cm〜100cm、年齢が1歳〜4歳くらいで幼児用のチャイルドシートを「前向きシート」として使用することを推奨しているため、そうした誤解が定着してしまったのかもしれない。

【関連記事】トヨタ新型「シエンタ」のウェルキャブに新採用「ショートスロープ」が加わった! 瞬時に自動展開するカラクリ機構とは

チャイルドシート 前向き画像はこちら しかし、1960年代に後ろ向きチャイルドシートを発明したスウェーデンでは、少なくとも4歳まで、ただし4歳を越えてもできる限り長く、子どもを後ろ向きに座らせることを強く推奨している。スウェーデン最大の保険会社Folksamが行なった調査によれば、前向きチャイルドシートの場合に子どもが死亡または重傷を負う確率は、後ろ向きチャイルドシートの場合の5倍も高くなるという。チャイルドシート 前向き画像はこちら

 また、4歳頃まで後ろ向きチャイルドシートを使い続けるスウェーデンと、1歳頃から前向きチャイルドシートに置き換えることの多いドイツを比較すると、「クルマに同乗中の子供が交通事故で死亡する確率」が、1歳で約4倍もドイツの方が高いという統計が出ている。チャイルドシート 前向き画像はこちら

 なぜ、それほどの差が出てしまうのか。安全性を最優先するのクルマづくりに定評のあるスウェーデンの自動車メーカー、ボルボが発表した研究結果では、第一に子どもの骨格のもろさを挙げている。乳幼児や子どもは頭部が大きいプロポーションであることは誰もが知っているが、例えば成人男性の頭の重さは全体重のわずか6%で、生後9ヶ月の赤ちゃんは25%にもなることはあまり認識されていない。チャイルドシート 前向き画像はこちら

 しかもその重い頭を支えなければならない頸部(けいぶ=首の部分)は非常に貧弱な状態。とくに頚椎(けいつい)の軟骨部は、生後3年をかけて徐々に骨化し、思春期までかかる。首の筋肉と靭帯の発達にも長い時間がかかるという。