トヨタ・ハイエース6速AT用シフトゲートLEDイルミをキット化! DIYでカンタン装着

トヨタ・ハイエース6速AT用シフトゲートLEDイルミをキット化! DIYでカンタン装着

ブルー or ホワイトの高輝度LED13発採用

 トヨタ・ハイエース用LEDテールランプやリレーアタック車両盗難防止ポーチなどをリリースする「ビッグディーパー」がトヨタ・ハイエース6速ATのシフトゲートをLEDで彩る『PLATINUM LED SHIFTGATE(プラチナLEDシフトゲート)』を開発・販売を開始した。

 現行ハイエース(200系)は、ガソリン車が2015年1月、ディーゼル車は2017年12月よりトランスミッションが6速化され、マニュアルモード付きシフトに変更。当然、スタッガー(ジグザク)タイプのシフトゲートの形状も、4速ATタイプとは異なっている。トヨタ・ハイエース6速AT用シフトゲートLEDイルミをビッグディパーがキット化

 シフトゲートを彩るLEDパーツは存在するが、いずれも4速AT用ばかりで6速ATにLEDを入れるには加工するしか方法がなかった。つまり、「PLATINUM LED SHIFTGATE」のようにハイエース6速AT用LEDパーツは業界初と言えるわけだ(2019年9月現在)。

 6速AT用以外にもトピックスはある。「PLATINUM LED SHIFTGATE」は、手軽なキットで実現していることだ。さらにベースとなるアクリルを拡散性が高い乳白色系としたほか、装着後にハミ出すことがないよう緻密に設計。価格は8800円(税別)で、LEDはブルーとホワイトの2色を設定する。トヨタ・ハイエース6速AT用シフトゲートLEDイルミをビッグディパーがキット化

 ゲートに装備するアクリル板の厚みは5mm。若干の乳白色を帯びたアクリルがLEDの光りを受けて、柔らかく全体的に広げてくれる。トヨタ・ハイエース6速AT用シフトゲートLEDイルミをビッグディパーがキット化

 もちろん、品質面への妥協もない。LEDは13球の高輝度タイプを使用。LEDの耐久性を上げるため、一見面倒といえる極性をバルブを採用しているので、装着の際は”極性(向き)”があるので点灯確認をお忘れなく。トヨタ・ハイエース6速AT用シフトゲートLEDイルミをビッグディパーがキット化

 取り付けはDIYでできるほどカンタン。実際の装着方法を紹介しよう。

  1. シフトパネルの右上にあるシフトロック解除ボタンを押し、シフトをニュートラルへ。シフトノブは、反時計回しで外すことができる。トヨタ・ハイエース6速AT用シフトゲートLEDイルミをビッグディパーがキット化
  2. シフトパネルはツメで固定されているため、下側から内張り剥がしを差し込んで外していく。右側で光っている純正球を抜き取る。※画像はクリックすると拡大されます。
  3. 純正球を抜いたら、端子を装着。この時、端子に極性( 向き)があるため点灯確認をすること。また端子は奥までしっかりと差し込むこと。トヨタ・ハイエース6速AT用シフトゲートLEDイルミをビッグディパーがキット化
  4. アクリル板の両面テープを剥がして、シフトパネルの裏側に装着。アクリル板がパネルからハミ出ないよう丁寧に貼る。あとはパネルを装着して、シフトノブを付ければ完成。トヨタ・ハイエース6速AT用シフトゲートLEDイルミをビッグディパーがキット化

 

 

 このようにシフトゲート全体を均一に、鮮明に照らし出すイルミネーション。しっかりとしたシャープな明るさが魅力で、室内の雰囲気を一変してくれる。トヨタ・ハイエース6速AT用シフトゲートLEDイルミをビッグディパーがキット化

 

LEDテールランプは縦に伸びるシーケンシャルウインカー仕様

 高品位パーツで業界をザワつかせるビッグディパーの「プラチナLEDテールランプ・ブレードエディション」もハイエース乗りは必見のアイテム。カラーは、クリスタルレッドクローム、ダークスモークマットブラックの2タイプを設定している。

トヨタ・ハイエース6速AT用シフトゲートLEDイルミをビッグディパーがキット化

 縦長レンズの特徴を生かした最長45㎝のブレードを搭載するフルLED仕様で、ウインカーはシーケンシャルと点滅から切り替えOK。価格は5万5000円(税別)となり、1~4型後期のハイエースに対応とのこと。トヨタ・ハイエース6速AT用シフトゲートLEDイルミをビッグディパーがキット化

 

ビッグディパー TEL06-4308-4511
https://big-dipper.co.jp


画像ギャラリー