「タグ: LED」の記事一覧

純正HIDからLEDへ「手軽な交換を可能としたヘッドライト専用バルブ」

弱点だった明るさを確保した省電力で高寿命なLEDバルブHIDは、高電圧が必要でヘッドライトの点灯・消灯を繰り返すのが苦手。LEDと比べて、寿命・消費電力・消灯時の立ち上がりの速さ(明るくなるまでの時間)が劣るとも言われ、...

続きを読む...

面発光のLEDチューブに極細仕様が登場!カスタマイズの幅が広がる!!

厚み7mmでスキ間への装着も可能にLEDメイクの可能性がさらに広がる!クルマへのアレンジに最適な「ジュナック」のLEDシリーズに極細仕様タイプの『リザード・タイプGY7』が追加された。チューブ本体の厚みは、面発光タイプで...

続きを読む...

ドア開閉を知らせるワーニングライトがDIYで取り付けできる!

純正サービスホールを使って簡単装着、幅広い車種に対応する貼り付けタイプも!ドアを開けたとき、後方へ向けて光を照射して注意喚起するためのワーニングライトを「メテオ」が発売した。この『専用ドアワーニングフラッシュLED』は、...

続きを読む...

LEDバルブは明るさだけで選んではダメ!正確な配光と変化しない照度が重要

省電力で高い照度を実現するLEDバルブで信頼性を追求した「プレシャス・レイ」ハロゲンヘッドライト車のLEDライト化は、省電力で明るく、バルブ交換感覚でできる人気の灯火系アップグレードメニューだ。ところが、キチンと設計され...

続きを読む...

ヘッドライトに最適なLEDバルブは、ファンレス仕様で照射カラーも変更OK

ハロゲンバルブを手軽にLED化へ高性能を追求したスタンダードモデルLEDヘッドライトを純正装備する車両が増えるなか、一部の車種や廉価グレードのクルマはまだまだハロゲンバルブが主役だ。そんなハロゲン車を手軽にLED化できる...

続きを読む...

点灯パターンが選べちゃう、進化した「ウインカーポジションキット」が登場

ウインカーの点灯パターンは7種類バルブの色温度も2タイプを用意ポジションを点けた時に、ウインカー部分もポジションとして点灯する「ウインカーポジション化(以後:ウイポジ化)」。USメイクを中心に、人気を高めるカスタム手法だ...

続きを読む...

大掛かりな加工も不要! 前期型アルファードのウインカーを「シーケンシャル化」する

30系前期を流れるウインカー仕様に!「スマート」が画期的キットを発売ヒカリモノのスペシャリスト「スマート」が、トヨタ・30系アルファード(前期型)用に『シーケンシャルウインカーキット』を5月に発売する。大阪オートメッセ2...

続きを読む...

1 / 10123...10...»

ウィークリーランキング

  1. 日産スカイラインGT-Rが蝕まれていく恐怖「過走行トラブルと劣化のポイント」

    貴重な愛車と向き合うための秘訣とは? 20万km/...

  2. 大切なホイールをガード!! 複雑な造形に対応する「スプレー式プロテクションフィルム」

    ボディコーティング&内装リペアのプロが施工、 複雑な曲面のホイールやボ...

  3. 90年代の国産スポーツカーがアメリカで大ブームな理由

    90年代のジャパニーズスポーツが 全米最大のカスタムカーショーを席巻!...

  4. 20年の時を経て復活!! 古い軽自動車をイジって楽しむ憧れカーライフ

    長期間放置されたドンガラと思えぬほどに 活き活きと蘇った"瑠璃色ライフ...

  5. 「チームタイサン」がスカイラインGT-Rなど往年の名マシンをオークションに出展

    鈴鹿サーキットでオークションを開催 マニア垂涎のパーツやグッズも出展さ...

  6. 44歳 現役宣言!! 現代にタイムスリップした「ステップバン」

    昭和49年式ゆえの年季が入ってますが、 オートマ&エアコン装備で走りも...

  7. FC3S型 RX-7の歴史を振り返る「ロータリー・エンジン搭載車ヒストリー」

    日本を代表するスポーツカーに昇華したRX-7。 SA22Cの後継、FC...

  8. 【歴代ジムニー大全・3代目 JB23編】大ヒットとなった新規格のロングセラーモデル

    軽自動車規格の改定に伴ってモデルチェンジ、 ボディと室内の寸法が大きく...

  9. 【歴代ジムニー大全・2代目編】18年間の積み重ねで乗用車としての質を向上させた

    オンロード性能を両立させてファンを獲得、 2代目は快適性が大きくアップ...

  10. 車中泊と仮眠は大違い!道の駅やSA/PAに宿泊する無法者が増殖中

    駐車できるスペースならばどこでもOK?? 意外と知らていないタブーな場...