アルファロメオのSUV「ステルヴィオ」スポーツパッケージを改良 ブラック化で精悍さアップ

アルファロメオのSUV「ステルヴィオ」スポーツパッケージを改良 ブラック化で精悍さアップ

アウトドア・ユースでも使い勝手が向上

 FCAジャパンは、アルファロメオのプレミアムSUV「ステルヴィオ」に設定されている、「Sport Package(スポーツパッケージ)」に改良を施し、「Stelvio 2.2 TURBO DIESEL Q4スポーツパッケージ」、「Stelvio 2.0 TURBO Q4スポーツパッケージ」の2モデルを12月7日(土)より、全国のアルファロメオ正規ディーラーで発売する。アルファロメオの2019年モデルのSUV「ステルヴィオ」スポーツパッケージを改良

 ステルヴィオは、アルファロメオのスポーツセダン「ジュリア」のアーキテクチャーや基本コンポーネントを継承し、類い稀な俊敏性や操縦安定性を実現。加えて、SUVならではの高いユーティリティ性能を持つクロスオーバーSUVとして注目を集めるモデルだ。日本には、2018年7月に導入されている。

 そんなステルヴィオのスポーツパッケージは、スポーティな装いを一層際立たせる装備を持つことで好評を博しているグレード。今回の改良では、その装備をさらに充実させると共に、従来の2.0L・4気筒ターボのガソリンモデルに加え、新たに2.2L・4気筒ディーゼルターボ搭載モデルにも同グレードを設定した。アルファロメオの2019年モデルのSUV「ステルヴィオ」スポーツパッケージを改良

 主な変更点は次の通り。まず、ブラックのルーフレールを新たに追加。これにより、ルーフボックスやルーフキャリアなどの装着が容易になり、アウトドアなどでキャンプなどを楽しむ際などでも、より利便性がアップしている。

 また、ウインドウモールディングをクロームタイプからブラックへと変更することで、精悍な印象を強調させた。アルファロメオの2019年モデルのSUV「ステルヴィオ」スポーツパッケージを改良

 なお、スポーツパッケージとベースモデルの違いは、ルーフレールの有無のほか、スポーツパッケージには19インチアルミホイールおよびスポーツブレーキ(レッドブレーキキャリパー付)が備わること。

 インテリアは、スポーツレザーステアリング、スポーツレザーシート、レザーダッシュボード/ドアパネル、Harman/Kardonプレミアムオーディオシステム、LEDアンビエントライティングなどが装備されている。

 これらにより、SUVならではの使い勝手のよさはもちろん、プレミアムSUVにふさわしい上質感がさらに高められた。アルファロメオの2019年モデルのSUV「ステルヴィオ」スポーツパッケージを改良

「Stelvio 2.2 TURBO DIESEL Q4スポーツパッケージ」が666万円、「Stelvio 2.0 TURBO Q4スポーツパッケージ」は699万円という満足度の高い価格設定なのも注目だ。

画像ギャラリー