アウトドア好きのための自動車ギア「ルーフテント」と「サイドオーニング」で車中泊&キャンプは快適に!

アウトドア好きのための自動車ギア「ルーフテント」と「サイドオーニング」で車中泊&キャンプは快適に!

デザインやアイデア満点の注目アイテム

 普通の乗用車でも、装着するだけで本格的なキャンピングカーと同様の気分が味わえるのが後付けできるルーフテントやサイドオーニング(ひさし)だ。

 いずれも、ルーフキャリアが付けられる車種であれば装着が可能で、ルーフテントならゆったりとした睡眠を、サイドオーニングならば雨をしのいだり、夏場の強い日差しを防ぎ快適なキャンプが楽しめる。「ジャパンキャンピングカー2020」には、海外から輸入されたそれら注目アイテムが出ていたので、ちょっと紹介してみよう。車中泊やキャンプをより快適に! 「後付け」できるルーフテントとサイドオーニング

 

ルーフテントとサイドオーニングのセット

 ポルトガルのブランド「ジェームス・バロウド」の製品を輸入するコイズミのブースには、様々なタイプのルーフテントとサイドオーニングを展示。編集部の注目は、日本の軽自動車向けに新開発された『Evasion Compact(エヴァション・コンパクト)』だ。

 スズキ・ジムニーシエラに装着された新型ルーフテントは、室内サイズが全長1960mm×全幅1280mm×全高980mm(テントオープン時)。クローズ時は全長1980mm×全幅1300mm×全高335mmと非常にコンパクトでありながら、大人2名が横になることが可能だ。車中泊やキャンプをより快適に! 「後付け」できるルーフテントとサイドオーニング
 テント上部にはハードシェルを装備し、走行中(クローズ時)は空気の流れを整える効果を発揮。また、テントを上げた状態では、全面に大きな網戸も装備され、心地良い風と360度の大パノラマを堪能することができる。蓄電池内蔵型ソーラーファンも装備されているため、テント内の熱気や湿気に悩まされることもなく、快適性は抜群だ。

 また、ルーフテントとセットと組み合わせることが可能なサイドオーニングや、オーニング内からテントに入ることができるトンネルも装備。サイドオーニングは、Mサイズ2000mm×2700mm、Lサイズで2500mm×2700mmといずれも広いスペースを確保。支柱やオーニングはすべてベース部に収納可能なため、コンパクトな軽自動車でも積載スペースを犠牲にする心配がないのも魅力だ。車中泊やキャンプをより快適に! 「後付け」できるルーフテントとサイドオーニング
 ほかにも、ブースには、ルーフテントのフットフレームに取り付けるサイドウォールも展示。クルマの横のルーフテント下にブラインドのスペースを作るためのもので、更衣室としても使えるアイデア・アイテムだった。車中泊やキャンプをより快適に! 「後付け」できるルーフテントとサイドオーニング

 

イタリア製ルーフテントはデザインが秀逸

 イタリアの「AUTOHOME(オートホーム)」は、創業60年以上を誇るルーフテントの老舗メーカー。いずれも、普通車でもテントのベースとなるルーフキャリアさえ付けられれば装着が可能で、ミニ クロスオーバーに純正採用されるほどの高い品質を誇る。

 展示された製品は大きく分けて3タイプ。『AIR TOP』はカップルサイズで大人2名が就寝可能で、より大きなミディアムサイズは大人2名と子供1名が就寝できるスペースを確保している。車中泊やキャンプをより快適に! 「後付け」できるルーフテントとサイドオーニング
 上部にハードシェルを採用しているのもポイント。ルーフテントをクローズしたとき、写真のようにおしゃれなルーフボックスのようなフォルムになるのだ。車中泊やキャンプをより快適に! 「後付け」できるルーフテントとサイドオーニング

 デザイン性の高さはさすがイタリア製で、走行中に違和感が感じられない出来映え。テントに上がるためのラダーも標準装備、テントの開閉は油圧ダンパーの装備で簡単にできるなど、高い実用性を持つのも魅力といえよう。車中泊やキャンプをより快適に! 「後付け」できるルーフテントとサイドオーニング
 そのほか、テントの上げ下げがハンドル式になっている『MAGGIOLINA』や、ワンタッチでポップアップできる『OVERLAND』なども用意。好みや車種に応じたセレクトができるようになっていた。

 

 

 

クルマに横付けするエアドーム型オーニング

 トヨタ・ハイエースのボディ横に接続されたドーム型のオーニングは、イギリスとスウェーデンの企業「DOMETIC KAMPA(ドメティック カンパ)」製の『MOTION AIR(モーションエアー)』という製品だ。車中泊やキャンプをより快適に! 「後付け」できるルーフテントとサイドオーニング
 外径サイズが幅3100mm×奥行2900mm×高さ2250mmという巨大オーニングで、大人4〜5人名がゆったりとくつろげる広々としたスペースを確保する。また、クルマのサイドドア部分などと接続することで、雨天時などでも、濡れずに車内とオーニング内の出入りが可能だ。車中泊やキャンプをより快適に! 「後付け」できるルーフテントとサイドオーニング
 組み立ても3本の支柱に手動式ポンプでエアを入れるだけと簡単。ただし、通常のオーニングと違ってベース部に収納できないため、ワンボックスなど、ラゲッジスペースが広いクルマにオススメ。積み込みさえできれば、広いキャンプ場などで、ラグジュアリーな空間を楽しめることは間違いなしだ。車中泊やキャンプをより快適に! 「後付け」できるルーフテントとサイドオーニング


画像ギャラリー