「ギャルソン」がアウトドア系ブランドを発信! スズキ・ジムニーのデモカーでこだわりを探る

「ギャルソン」がアウトドア系ブランドを発信! スズキ・ジムニーのデモカーでこだわりを探る

「便利でカッコいい」を新提案

 アウトドアブームを受け、「それっぽい雰囲気に仕上げたいけど実用性は損ないたくない」。そんなコンセプトを持つ新ブランドが「MAULBEERE(マウルビーレ)」だ。ドレスアップの世界では知られる「ギャルソン」がジムニーオーナーの望みを叶えるべく、大阪オートメッセ2020にデモカーを展示。ユーザー必見のラインアップが発表された。

 まず、注目したいのは、フロントバンパースポイラーとブルバーだ。一般的にブルバーを取り付けると、バンパーの前にセットすることになるため、軽自動車のボディサイズを超えてしまう。それを解消するため、カッコよさはそのままにブルバー自体をバンパー内にセット。純正バンパー同サイズに収めたというのだ。

【関連記事】afimp Style up Car Contest 2020 【第297回 兵庫県 ティーズクラブ】

ギャルソン「D.A.D」が提案するアウトドア系ブランド「MAULBEERE(マウルビーレ)」画像はこちら

 また、片側8センチのワイド化が図れるオーバーフェンダーもラインアップ。純正のフェンダーアーチより少し上に装着する設計とすることで、視覚的に実際よりもインチアップしたように見せられる逸品。実際、デモカーの車高は1.5インチアップだが、それ以上のアゲ感が得られるから不思議だ。ギャルソン「D.A.D」が提案するアウトドア系ブランド「MAULBEERE(マウルビーレ)」画像はこちら

 さらに小物の整理に便利なトランクボックスとマルチバッグも用意された。ジムニーの2列目のシートを使用した際のトランクスペースに、ちょうど収まるサイズとなっている。本体もオシャレで、カラーは写真のサンドベージュのほかにブラックを設定しているそうだ。ギャルソン「D.A.D」が提案するアウトドア系ブランド「MAULBEERE(マウルビーレ)」画像はこちら マウルビーレは、こうした仕掛けを随所に施したアイテムを、今後も多数ラインアップしていく予定とのこと。

画像ギャラリー