雨天中止はひよっこ! 安全な場所で「雨キャンプ」を楽しむのが一人前

雨天中止はひよっこ! 安全な場所で「雨キャンプ」を楽しむのが一人前

自然を楽しむキャンプなら、雨も楽しんでみよう!

【関連記事】「屋外ソファ」に「揺れるハンモック椅子」! キャンプの楽しさ倍増の「技ありチェア」7選

キャンプは自然を味わうもので雨の日のキャンプも楽しめるように、テント、タープなどの注意点、ダッチオーブンでのオススメの時間の過ごし方などもあります画像はこちら

 「雨予報ならキャンプは中止」というビギナーキャンパーもいるようですが、雨もまた自然。どうせなら、雨のキャンプを楽しんでしまいましょう(もちろん危険を及ぼすような荒天は論外です)。

 そこで紹介したいのが、雨の日でも快適に楽しむためのノウハウ。ちょっとしたポイントを押さえるだけで、雨キャンプも楽しくなります!

テントとタープはつなげて建てよう

 リビングのあるタープ下からテントへ移動するたびに、雨に濡れたり、傘を差さなければならないのは面倒です。ですから設営の際に、テントの入り口とタープを重ねるように張れば、テントとタープのあいだに隙間がなくなるので、雨に濡れずに移動ができるようになります。

【関連記事】「屋外ソファ」に「揺れるハンモック椅子」! キャンプの楽しさ倍増の「技ありチェア」7選

キャンプは自然を味わうもので雨の日のキャンプも楽しめるように、テント、タープなどの注意点、ダッチオーブンでのオススメの時間の過ごし方などもあります画像はこちら

 ドームテント+ヘキサタープの組み合わせなら、テントの入り口にタープのサイドをかぶせるように張れば、メインポールやロープがジャマになりません。

タープに雨水が溜まらないように工夫を

 雨が降り続くと、タープやテントのキャノピーに雨水が溜まることがあります。そのままにしておくと、溜まった雨水の重みで倒れてしまうことも。

キャンプは自然を味わうもので雨の日のキャンプも楽しめるように、テント、タープなどの注意点、ダッチオーブンでのオススメの時間の過ごし方などもあります画像はこちら

 そんなことがないように、グロメットからロープを引いてペグダウン。そうすれば雨水がロープを伝って地面に流れてくれるので、タープに溜まることがありません。

親子で楽しめるおやつ作りをしよう

 雨が降っていて思い切り走りまわれないとはいっても、タープやテントの中でジッとしているのはやはり退屈。そんなときにおすすめなのが、親子で楽しむ「おやつ作り」です。キャンプは自然を味わうもので雨の日のキャンプも楽しめるように、テント、タープなどの注意点、ダッチオーブンでのオススメの時間の過ごし方などもあります画像はこちら

 おすすめなのは「手作りピザ」。生地から作って、好きな具材をトッピングして焼けば、オリジナルピザの完成です。ダッチオーブンや携帯用のピザオーブンなどを使えば、手軽に作ることができます。

カードゲームは防水仕様を選ぼう

 家族で気軽に遊べる「カードゲーム」も、雨キャンプにはおすすめです。ただし、タープ下でもテーブルや地面が濡れていることがあるので、濡れても平気なプラスチック製のカードにしましょう。キャンプは自然を味わうもので雨の日のキャンプも楽しめるように、テント、タープなどの注意点、ダッチオーブンでのオススメの時間の過ごし方などもあります画像はこちら

 トランプはもちろん、子どもに人気の「UNO」にも、プラスチック製の防水仕様があるので、雨予報のときはぜひ準備していきましょう。

 

レインウエアを着てアグレッシブに遊ぼう

 タープの下で遊ぶだけでは物足りない! そんなときはレインウエアを着て、キャンプ場内を探索しに行きましょう。雨が降る姿を見せるカエルやカタツムリを見ることができたり、雨になると花を閉じる野草があったり、キャンプ場内だけでも自然観察は楽しめます。キャンプは自然を味わうもので雨の日のキャンプも楽しめるように、テント、タープなどの注意点、ダッチオーブンでのオススメの時間の過ごし方などもあります画像はこちら

 ただし、キャンプ場内とはいっても危険な場所もあるので、必ず親も一緒にいくようにしてください。そして童心に返り、安全な範囲で子どもと一緒に雨キャンプを楽しみましょう!

画像ギャラリー