いま熟練アウトドア派は当然のように導入! 「車載冷蔵庫」が便利すぎて驚く

いま熟練アウトドア派は当然のように導入! 「車載冷蔵庫」が便利すぎて驚く

夏のレジャーが格段と快適になる

 これからの季節、ドライブやクルマでレジャーに出かける際に、あると便利なのがポータブルタイプの冷蔵庫。いつでも冷たいドリンクを飲めたり、ちょっとした軽食をクルマで持ち運べるようになれば、お出かけをさらに楽しく快適にしてくれる。クルマに搭載できるポータブル冷蔵庫にはいったいどんなタイプがあり、どのように選べば良いか紹介していきたい。冷たいドリンクや食材で夏のドライブ&レジャーを快適に! 車載用冷蔵庫の選び方

車載用には電源式のモデルがオススメ

 そもそも車内でドリンクや食品の温度をキープしてくれるアイテムは、大きく分けて2つある。電源を備えたモデルと、電源不要のクーラーボックスと呼ばれるようなタイプだ。

 電源不要のクーラーボックスタイプは2〜3人用でも3000円ぐらいから購入でき、いつでもどこでも手軽に利用できるのが特徴。アウトドアレジャーなどで用いられることが多く、実際に所有している人も多いと思う。しかし保冷機能は、電源付きのモデルに比べると基本的には劣る。また保冷機能が高いものほどその機能を持たせるためボックス自体の厚みがあり、容量の割に大型化しがちだ。冷たいドリンクや食材で夏のドライブ&レジャーを快適に! 車載用冷蔵庫の選び方

 そこで車載用として使うなら、コンパクトで保冷機能の高い電源式のモデルから選ぶのがベターだろう。

自宅とクルマで使える「2電源式」とは?

 ここからは実際に電源タイプを選ぶ時のチェックポイントについて見ていこう。多くのポータブル冷蔵庫は2電源方式を採用し、家庭用100Vと車載用12V(シガーソケット対応)の双方を利用できるモデルが多い。これなら自宅ではコンセントを使って冷やしておいて、クルマに載せた際にはシガーソケットから電源を取ることができるので便利。冷たいドリンクや食材で夏のドライブ&レジャーを快適に! 車載用冷蔵庫の選び方

 またバッテリー内蔵のモデルもあるので、お出かけ先でクルマから冷蔵庫を持ち出すことを考えているユーザーは考慮すると良いだろう。

 さらにカセットガスを利用して冷蔵室を冷やすモデルもあるので、アウトドアでカセットガスを用いることが多い場合は、燃料の共通化という点では魅力的だ。冷たいドリンクや食材で夏のドライブ&レジャーを快適に! 車載用冷蔵庫の選び方

使用時のバッテリーあがりには注意!

 クーラーボックスを車内で利用する際に注意したいのは、電源使用時の車載バッテリーあがりだ。例えばエンジンを切った状態で、シガーソケットにつなぎっ放しにして冷蔵庫を稼動させていると、バッテリーの残量が気になる。万が一、低電圧になってしまえばエンジンの始動が困難になってしまう。

 そこで注目なのは、車載バッテリーの電圧低下を監視してくれるモデル。バッテリーが弱くなってきたことを検知すると、自動的にクーラーボックスの電源をオフにしてくれるので安心だ。冷たいドリンクや食材で夏のドライブ&レジャーを快適に! 車載用冷蔵庫の選び方

サイズはどう選ぶ? 容量だけでなく外寸も重要

 また冷蔵庫にはさまざまなサイズがあるので、購入時に容量の選択で迷ってしまうこともあると思う。利用方法や人数などで必要な容量は変わってくるので悩むところだ。

 各モデルごとに庫内の形状が違うので一概には言えないのだが、15Lモデルで500mlのペットボトルが15本〜程度、25Lモデルであれば500mlのペットボトル20本〜程度を収納できると考え、目安にすると良いだろう。冷たいドリンクや食材で夏のドライブ&レジャーを快適に! 車載用冷蔵庫の選び方

 また車内に載せることを考えた時、外形寸法も大切。ラゲッジやセンターウォークスルーのスペースにぴったり収まるなど、車内の設置場所に合わせてサイズを選ぶのも重要なポイントだ。

 さらにモデルごとに重量もかなりの差があるので、出かけた先でクルマから持ち出して持ち運ぶことを想定している場合は重量にも要注意。内容物を詰め込むとさらに重くなってしまうので、そこまで考えて選べば失敗は少ないだろう。冷たいドリンクや食材で夏のドライブ&レジャーを快適に! 車載用冷蔵庫の選び方

急速冷却タイプや静音仕様なら、より便利&快適に

 車載用冷蔵庫を選ぶ時にもうひとつの注意ポイントが設定温度だ。高性能モデルでは−25℃など、かなりの低温まで冷蔵可能なモデルがある。一方で簡易的なモデルであれば最低温度が5℃〜10℃程度。しっかりと食品などを冷蔵する目的なのか、飲み物の温度をキープするための保冷として用いるのかによってモデルの選びが変わってくる。

 さらに急速冷却が可能なモデルもある。これなら食材を買う前にあらかじめ電源をONにして庫内を冷やしておく必要が無いので便利。スーパーに買い物に出かけ、食材や飲み物を買ってからスイッチをONにしても十分に冷やすことが可能だ。冷たいドリンクや食材で夏のドライブ&レジャーを快適に! 車載用冷蔵庫の選び方

 最後に、車載用の冷蔵庫には冷やすためのメカニズムにいろいろなタイプがある。それぞれの機構ごとに違いが出るのが騒音だ。車内に置くと稼動音が気になるケースもあるので静音設計のモデルにも注目してみよう。騒音が“○○dB以下”など、静かさをうたっているモデルもあるので気になるユーザーは注目すると良いだろう。冷たいドリンクや食材で夏のドライブ&レジャーを快適に! 車載用冷蔵庫の選び方

 車載の冷蔵庫があれば車内でいつでも冷たドリンクが飲めたり、持ち運べる食材が増えたりとアウトドアでの楽しみが広がる。またドライブや旅行で遠時した時に、お土産用に現地で要冷蔵の食品を購入することだって可能になる。夏場(温冷庫なら冬場も)のドライブのバリエーションを増やしてくれる車載用冷蔵庫。夏のレジャー本番前にぜひ、導入を検討してみてはいかがだろうか。


画像ギャラリー