便利すぎて驚くこと間違いナシ! アウトドアでも普段使いでも重宝する「技ありラゲッジ」のコンパクトカー4選 (1/2ページ)

便利すぎて驚くこと間違いナシ! アウトドアでも普段使いでも重宝する「技ありラゲッジ」のコンパクトカー4選

3ナンバーワゴン並みの荷室を持つクルマも!

 アウトドアなどを楽しむためには、荷物がどっさり入るクルマが必要だ。しかし、デカいボディは自宅の駐車スペースや取り回しを含めて遠慮したい・・・・・・。でも、それはちょっと無理な相談というものだろうと思いきや、意外とそうではない。小柄な5ナンバーサイズのクルマにして、アウトドアや趣味の道具をどっさり積めるクルマがある。

 ここでは、軽自動車を除くクルマ、それも後席を畳むことなく、荷室の広さ、抜群の使い勝手の良さ実現している、積載性における下克上的なクルマたちを紹介したい。

ホンダ・フリード+

 その筆頭が、コンパクトミニバンのフリードの3列目席を取り払った、大容量ワゴンと表現していいフリード+だ。何しろ荷室の開口部からして低く、広い。開口部地上高はなんと335mmと、ノンステップバスのステップ約300mmに迫る低さだ。小柄だけど荷室が広いクルマ4選

 開口部も幅1080mm、高さ1255mmと広大(フロアの低さが開口部高に貢献)。実際に荷物を積むスペースは、デッキボードを使わない場合は、奥行1000mm、幅670mm、高さ1360mm。デッキボードを使わないと、左右のタイヤハウスが出っ張るため、幅方向は制限されるものの、奥行は3ナンバーワゴン並みで、さすが高さ方向は高全高ミニバンならではの余裕がある。小柄だけど荷室が広いクルマ4選

 しかも、上下2段で使えるラゲッジルームに用意されたリバーシブルのユーティリティボード(フロア地上高730mm、フロア奥行き890mm、フロア幅1270mm、天井高975mm、耐荷重200kg)を利用すれば、荷物を上下2段に分けられ、後席格納フロアとユーティリティボードをフラットにつなげて車中泊用のベッドスペースに仕立てても、下段(フロア地上高335mm、奥行き1000mm、幅670mm、高さ)のアンダーラゲッジスペースに荷物を収納できるから超便利。小柄だけど荷室が広いクルマ4選

 また、ユーティリティナットを使えば、荷物の積載をより便利に確実にできる点にも注目だ。とにもかくにも、普段の買い物はもちろん、アウトドア、キャンプなどの大荷物も余裕で積みこめ、使い方自由自在の魔法のパッケージを実現しているのがフリード+なのである。

トヨタ・シエンタFUNBASE

 フリード+を紹介したからには、同種のシエンタFUNBASEも取り上げたい。こちらも、コンパクトミニバンのシエンタの3列目席を取り払い、ここだけの話、3列シートのシエンタよりも座り心地のいい2列目席(後席)が奢られた大容量コンパクトワゴンというべき1台。小柄だけど荷室が広いクルマ4選

 開口部地上高はデッキボード下段のローデッキ状態で530mm。世界のステーションワゴンの平均値が約620mmだから、フリード+ほどではないにしても、かなり低く、重い荷物の出し入れも楽々だ。小柄だけど荷室が広いクルマ4選

 開口部は幅1050mm、高さ935mm。実際に荷物を積むスペースは、奥行935mm、幅1060mm、高さ1100mm(ローデッキ状態)。しかも、フロアをギリギリまで低く攻めたフリード+と違い、荷室フロア手前と奥に床下収納があるから、転がりやすいアイテムをしまっておくのに便利。小柄だけど荷室が広いクルマ4選

 また、こちらもデッキボードによって荷室を上下2分割できるから、重いものを下段に、軽いものを上段に、という使い分けができて便利。もちろん、後席格納によって、フリード+同様、荷物の収納場所を確保した(デッキボード下段)車中泊も可能だ。小柄だけど荷室が広いクルマ4選

 とはいえ、全高がフリード+で1710mm、シエンタFUNBASEで1675mmもあるから、駐車場の全高制限などで欲しくても買えない・・・・・・という人もいるはずだ。

画像ギャラリー