キャンプ好きに向けて開発!? 「スズキ・ハスラー」がアウトドアに使える6つの理由 (1/2ページ)

キャンプ好きに向けて開発!? 「スズキ・ハスラー」がアウトドアに使える6つの理由

新型はさらにアクティブな使い方ができる

 新型ハスラーは、まさにアウトドア好きのユーザーにぴったりな「遊べる軽」と言っていい。先代に対して一段とタフネスを感じさせるSUVテイストに満ちたスタイリングや、7インチから9インチに拡大した3画面分割のメモリーナビゲーション。セミベンチタイプから、中央に便利なトレーを新設したセパレートタイプの前席は、分厚くて上質なかけ心地を実現。他にも下手なコンパクトカーをしのぐ、軽自動車最上級と思える乗り心地、新設計されたNAエンジン&CVTといったトピックもさることながら、アウトドアの対応性も高められた。ここでは、その理由を紹介したい。

35mmのホイールベース延長による空間拡大

 新型ハスラーは先代に対してホイールベースを35mm延長。そのすべてを後席ニースペースにあてている。結果、室内長は先代の2160㎜から2215mmになり、後席スライド機構によって得られる最大荷室長による荷物の積載性は文句なし。新型スズキ・ハスラーがアウトドアやキャンプにオススメする理由

 カップルでのアウトドア目的なドライブなら、かなり大きなアウトドア用品、キャンプ用品を積み込むことが可能。具体的には、ラゲッジの開口部地上高710mm、フロア幅900mm、後席使用時奥行き445mm、2名乗車時奥行き1140mmである。新型スズキ・ハスラーがアウトドアやキャンプにオススメする理由

 また、前後席フルフラットアレンジによって、実測2040mmのベッド長を、車中泊には必須の純正アクセサリーであるリラックスクッション(25850円/2枚セット)によって実現。実際にリラックスクッションを敷いたスペースに寝てみたが、身長172cmの筆者であれば、のびのびと足を延ばして横になることができたのである。新型スズキ・ハスラーがアウトドアやキャンプにオススメする理由

 なお、室内寸法よりも車中泊性能では重要なリラックスクッションを敷いたベッドスペースの寸法は、全長210mm、幅540mm×2=1080mm、厚み約20mmである。

 では、具体的にどんなアイテムを積み込めるかと言えば、キャンプ用品であれば、テント、大人用寝袋×2、子供用寝袋×1、4人用テーブル&ベンチセット、26Lのクーラーボックス、2バーナーストーブ、ランタン2個。バーベキューアイテムなら、バーベキューグリル、炭3kg、着火剤、トング、調理器具、食材3人分、折り畳みチェア3脚、折り畳みテーブル、トートバッグなど、2人分ならば必要十二分といえるだろう。(あくまで一例)。


画像ギャラリー