「オフロードタイヤ=雪道OK」はキケン! 本当に安心して走れる「スノータイヤ」の正しい選び方とは (1/2ページ)

noteで書く
「オフロードタイヤ=雪道OK」はキケン! 本当に安心して走れる「スノータイヤ」の正しい選び方とは

この記事をまとめると

◆オフロードタイヤの特徴と雪道走行の可能性

◆タイヤの「M+S」表記の意味と過信はNGの理由

◆雪もアイスバーンも安心のタイヤの条件

性能を示す「マーク(表記)」をチェックしたい

 アウトドアブームの再燃もあり、トヨタ・ハイラックスやスズキ・ジムニーといった本格派の4WDに加え、トヨタのRAV4やロッキー(ライズ)、スズキ・ハスラーなど、いわゆるクロスオーバーSUVへの注目度が高い昨今の新車事情。いま、アフターの世界では、それらのクルマに凸凹したトレッドパターンが特徴の4WDタイヤを履かせるスタイルが注目され始め、国産タイヤメーカーからもオフロード4WDタイヤの新作が発表されている。

【関連記事】家に帰るまでが……じゃなくて帰ってからもキャンプ! 自宅で使ったギアのメンテを楽しんでこそ本当のアウトドアライフだった

雪道を走るためのスタッドレスタイヤやオールシーズンタイヤのオススメ画像はこちら

 ところで「4WDタイヤで雪道は走れるのか?」。見た目は走ってくれそうな印象だがそこはやはり「餅は餅屋」。本当に安心できるタイヤは、どんなタイプなんだろう。

オフロードタイヤでは雪道は危ない?

 今年に入り本格的な降雪が観測され、今週末(日曜日以降)から気温が下がり、降雪の予報も出ている関東地方。降るにせよ降らないにせよ、路面温度は相当低くなっているので、運転には注意したいところだ。こういう天候になると気になるのが「タイヤ」である。

 本格的な4WD車やクロスオーバーSUVと呼ばれるモデルの売上が好調なこともあり、いま「M+S」表記のある4WDタイヤを装着するスタイルが注目されている。また、「ちょいアゲ」と呼ばれる車高の上げ幅を4センチ以内に留めるリフトアップスタイルが軽自動車を中心に流行の兆しを見せているが、合わせるタイヤはやはり4WDタイヤがほとんど。オフロードにおける走破性を意識した、見るからにタフなトレッドパターンを見ればどんな悪路だって何のその。「雪道だって当然平気でしょ?」という疑問は、ひと昔前までなら確かに”OK”という認識だったが、スタッドレスタイヤの登場以降は走らない方が安全(タイヤチェーンを巻けば話は別)という考え方が一般的となっている。雪道を走るためのスタッドレスタイヤやオールシーズンタイヤのオススメ画像はこちら

 M/T(A/T)系タイヤを履いて雪上を走行している動画が投稿サイトに上がっているが、安全に走る事を考えるとさすがに不十分。いくらオフロード4WDタイヤであっても、「M+S」表記だけのタイヤは夏タイヤと同じと考えた方が妥当だ。

noteで書く

画像ギャラリー