「M+S」表示の4WDタイヤで雪道走行は大丈夫? 冬でも安心できるタイプの正しい選び方とは

「M+S」表示の4WDタイヤで雪道走行は大丈夫? 冬でも安心できるタイプの正しい選び方とは

性能を示す「マーク(表記)」をチェックしたい

 アウトドアブームの再燃もあり、トヨタ・ハイラックスやスズキ・ジムニーといった本格派の4WDに加え、トヨタのRAV4やロッキー(ライズ)、スズキ・ハスラーなど、いわゆるクロスオーバーSUVへの注目度が高い昨今の新車事情。いま、アフターの世界では、それらのクルマに凸凹したトレッドパターンが特徴の4WDタイヤを履かせるスタイルが注目され始め、国産タイヤメーカーからもオフロード4WDタイヤの新作が発表されている。雪道を走るためのスタッドレスタイヤやオールシーズンタイヤのオススメ

 ところで「4WDタイヤで雪道は走れるのか?」。見た目は走ってくれそうな印象だがそこはやはり「餅は餅屋」。本当に安心できるタイヤは、どんなタイプなんだろう。

 

オフロードタイヤでは雪道は危ない?

 今年に入り本格的な降雪が観測され、今週末(日曜日以降)から気温が下がり、降雪の予報も出ている関東地方。降るにせよ降らないにせよ、路面温度は相当低くなっているので、運転には注意したいところだ。こういう天候になると気になるのが「タイヤ」である。

 本格的な4WD車やクロスオーバーSUVと呼ばれるモデルの売上が好調なこともあり、いま「M+S」表記のある『M/T(A/T)系』という4WDタイヤを装着するスタイルが注目されている。また、「ちょいアゲ」と呼ばれる車高の上げ幅を4センチ以内に留めるリフトアップスタイルが軽自動車を中心に流行の兆しを見せているが、合わせるタイヤはやはり4WDタイヤがほとんど。オフロードにおける走破性を意識した、見るからにタフなトレッドパターンを見ればどんな悪路だって何のその。「雪道だって当然平気でしょ?」という疑問は、ひと昔前までなら確かに”OK”という認識だったが、スタッドレスタイヤの登場以降は走らない方が安全(タイヤチェーンを巻けば話は別)という考え方が一般的となっている。雪道を走るためのスタッドレスタイヤやオールシーズンタイヤのオススメ

 M/T(A/T)系タイヤを履いて雪上を走行している動画が投稿サイトに上がっているが、安全に走る事を考えるとさすがに不十分。いくらオフロード4WDタイヤであっても、「M+S」表記だけのタイヤは夏タイヤと同じと考えた方が妥当だ。

 

「M+S」表記だけを過信するのは危険

 雪国出身(在住)の方からすれば「そんなの当たり前だよ」と思うでしょうが、滅多に雪が降らない太平洋側の平野部にしか住んだ事がないと「ダメなの?」と思ってしまう人もチラホラ。実際、そのあたりの事情を聞いたプロショップの『Sスタイル(広島県)』によると、「そういった問い合わせは特に南関東の方から多く頂く」とのこと。ちなみに、スズキのジムニーとジムニー・シエラが爆発的に売れ出した1年前くらいから増えたそうだ。

 その際、問い合わせ相手に質問の意図を聞いたところ、MT系4WDタイヤに刻印されている「M+S」という文字が原因だった事に気付いたという。”MUD(泥)&SNOW(雪)”の略になるが、だからこそ「雪も大丈夫」と解釈されている模様だ。雪道を走るためのスタッドレスタイヤやオールシーズンタイヤのオススメ

「確かにM+Sタイヤであれば深雪だったり、道路にうっすらと積もった程度の積雪なら運転できます(運転に際して細心の注意は必要)。最近は、M+Sタイヤだけでの雪道走行はダメになりつつありますが、地域によってはOKだったりと認識が異なっているのが実情のようです。ただ時間が経つにつれ、路面がアイスバーンになったり圧雪状態になる事も十分考えられる。そうなると「M+S」表記だけのタイヤではまず無理。タイヤチェーンを巻いたり、さらにはサイプがしっかり入ったスタッドレスタイヤに履き替えるのが安心でしょう」。雪道を走るためのスタッドレスタイヤやオールシーズンタイヤのオススメ

 前述の「サイプ」とは、スタッドレスタイヤに入っている細かい溝のこと。この溝が凍っている路面をつかみ、同時に滑る要因となる水分を排出する。タイヤが滑るという最大の要因は水分。冷凍庫から取り出したばかりの氷は指でつかんでも滑らないが、水の中に入れた氷で同じ事をすると滑りやすいのと同じだ。雪道を走るためのスタッドレスタイヤやオールシーズンタイヤのオススメ

 前述した「深雪はいいけどアイスバーンは無理」というのもこれが理由で、路面でも同じ状況になっているため。「M+S」表記だけでもサイプが入っているタイヤはあるが、スタッドレスタイヤと比べるとかなり少ない。国産タイヤメーカーは、サイプにくわえてゴムの成分や混合物に独自の工夫を凝らし、過酷な路面状況でも走れるスタッドレスタイヤを世に送り出しているのだ。

 また、スタッドレスタイヤになると「M+S」の文字の横に、山と雪の結晶が合体したような「スノーフレークマーク(またはSTUDLESSの表記)」が刻印されている。つまり、このマークの有無が「雪道やアイスバーンを安全に走れるかどうか」を判断する目安となるわけだ。雪道を走るためのスタッドレスタイヤやオールシーズンタイヤのオススメ

 ちなみに海外メーカーに多く、最近話題の「オールシーズンタイヤ」にもスノーフレークマーク(またはSTUDLESSの表記)が付いている製品が多いものの、「凍結路などの過酷な状況になればなるほどスタッドレスタイヤの方が確実なのは間違いないです(前出Sスタイル談)」とのこと。

 とはいえ、スタッドレスタイヤに履き替えた際、夏タイヤの保管場所に困ったり、降雪のないシーズンがままある地域にお住まいの方にとって、スノーフレークマーク付きのオールシーズンタイヤは魅力。また、国産タイヤメーカーもオールシーズンタイヤに力を入れ始めている。雪道を走るためのスタッドレスタイヤやオールシーズンタイヤのオススメ

 無難にスタッドレスタイヤにするか、万能性のあるオールシーズンタイヤなのか、このあたりは居住地域や降雪時の運転頻度によって変わってくるため、十分に検討してから購入される事をオススメしたい。


画像ギャラリー