クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • TAG
  • column

「column」の記事一覧

西川氏のロードスター

23万キロオーバーのマツダ「ロードスター」を車検に出してみた! 30万で購入したクルマに35万円の車検代は普通ですか?

世界中で愛されるマツダ ロードスター。23万キロオーバーの2代目NB型を所有する筆者は、車検のために馴染みの工場へ入庫させました。ブッシュ交換などを予定していたものの、予定外の出費に見舞われてしまったそう。過走行旧車の車検事情についてリポートします。

史上最高額189億円のベンツ! シューマッハのF1は20億円! 2022年のオークション高値ベスト10をふり返ろう

ヒストリックカーのオークション界で、2022年は最高落札価格が大幅に更新された年でした。昨年の落札額トップ10をふり返りつつ、2023年の予算感や、相場の動向を考える参考にしてください。とはいえ10億円以上の世界なのではありますが……。

ボブ・ディランのライブを観にユージーンの街へ! ヒッピー文化の聖地はホステルの建物までサイケデリックでした──米国放浪バンライフ:Vol.18

1991年式トヨタ「ハイラックス」をベースにしたキャンピングカー「ドルフィン」に乗ってアメリカをひとり旅。カリフォルニアを抜けてオレゴン州に入り、今回はユージーンの街へやってきました。ここへ来たのは、ボブ・ディランのコンサートを見るためです。

BMWのバイクにはパートタイム2WDがあった! 第二次世界大戦後も中国とソ連にコピーされた名作「R75」とは

BMWといえばホンダやスズキと同様、2輪と4輪の両方を生産する数少ないメーカーです。その技術は好むと好まざるとに関わらず、戦時下には優れた軍事技術としても重宝されるもの。第二次世界大戦時のBMWが生んだサイドカー付きモーターサイクル「R75」を紹介します。

「FR車は雪道に弱い」はホント? ブレーキ性能は4WDでもFFでもみな同じ!? ドラテク磨くならFRがオススメです!

世間一般では、雪道にFRのクルマは相性が悪いとされています。一概にそうとも言えないけれども、オススメとは言い難いのもまた事実。FRは雪道でいろいろな挙動が起きるので、その対処がメンドクサイのです。FRの雪道での特徴と注意点を解説しましょう。

「バナゴン」でバンライフを実践する若者に遭遇! オレゴンの森のキャンプ場で初めて雨に降られました──米国放浪バンライフ:Vol.17

1991年式トヨタ「ハイラックス」をベースにしたキャンピングカー「ドルフィン」に乗ってアメリカを一人旅。1カ月を過ぎてようやくカリフォルニア州を抜け、オレゴン州にやってきました。カリフォルニアでは一度も雨に遭遇しなかったけど、ここは気候も植生も違います。

美しすぎる「クレーターレイク国立公園」の絶景を独占! 「ハイラックス」はオレゴン州へ──米国放浪バンライフ:Vol.16

1991年式トヨタ「ハイラックス」をベースにしたキャンピングカー「ドルフィン」でのアメリカ一人旅。1カ月にわたりカリフォルニア州の国立公園を巡ってきましたが、ようやく北の州境を越えてオレゴン州へ。今回の目的地はクレーターレイク国立公園です。

旧ソ連時代の摩訶不思議なクルマとは? ホバークラフトと4輪が合体した水陸両用車「GAZ-16A」はSF漫画そのものでした

かつて東西冷戦時代のソ連は常軌を逸した奇天烈メカの宝庫でもありました。今回ご紹介する「GAZ-16A」は1960年代初頭に開発された乗り物で、ひと言で表すならば「自動車とホバークラフトを合体させたもの」。「オートカルト」製モデルカーで見てみましょう。
share:

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

ranking

MEDIA CONTENTS