軽トラ・軽バンをアゲるならタイヤがキモ! いま続々登場の泥系「ボコボコタイヤ」とは (1/2ページ)

noteで書く
軽トラ・軽バンをアゲるならタイヤがキモ! いま続々登場の泥系「ボコボコタイヤ」とは

この記事をまとめると

  • 軽自動車で車高をリフトアップする「シャコアゲ」がブーム
  • 今注目の泥系「ボコボコタイヤ」について解説
  • 軽トラ・軽バンが履けそうな銘柄&サイズについても紹介

軽トラ・軽バンに人気上昇中の2大ブランドに注目

 四駆の世界で長きにわたり支持されているヨコハマ・ジオランダーと、ここ数年で急激に勢力を広げているトーヨー・オープンカントリー。どちらもいわゆる「ボコボコタイヤ」のブランドだが、ランクルやジムニーといった本格クロカン系だけに止まらず、リフトアップすることで「SUV風に仕立てたクルマ」にも人気が高い。

 例えば軽トラ・軽バン。商用、農作業用などのイメージが強いいわゆる仕事クルマであるが、軽く車高をアゲてオフロードタイヤを履かせるだけで、不思議と今どきのアウトドアっぽいクルマになる。それに気付いたユーザーたちが、今ジオランダーやオープンカントリーを選んでいるのだ。

【関連記事】「気軽に入れるカー用品店」or「専門知識が安心なプロショップ」! 初心者が愛車をカスタムするなら行くのはドッチ?

ヨコハマタイヤとTOYO TIRESの軽トラと軽バン専用オフロードタイヤを紹介する画像はこちら

 しかし軽自動車の中でもタイヤハウスの狭いジャンルだけに、装着可能なサイズは限られる。そこで今回は、両ブランドがラインナップする「軽トラ・軽バンが履けそうな銘柄&サイズ」に着目。ジムニーのカスタマイズなどリフトアップに強く、タイヤにも詳しい広島のショップ・エススタイル菅原さんのコメントと共に詳しく紹介していく。

純正同サイズで唯一のM/Tタイヤ「M/T G003」

 ジオランダーの中でも未舗装路での走行に特化したジオランダーM/T G003。シリーズにはさらにオフロード性能を磨いたジオランダーM/T+(プラス)やジオランダーX-MT も存在するが、それよりは静粛性やロングライフ性能も考慮したバランスの取れたM/T(マッドテレーン=泥地形対応)タイヤだ。

【関連記事】「気軽に入れるカー用品店」or「専門知識が安心なプロショップ」! 初心者が愛車をカスタムするなら行くのはドッチ?

ヨコハマタイヤとTOYO TIRESの軽トラと軽バン専用オフロードタイヤを紹介する画像はこちら

 軽トラ・軽バン向けのサイズは145/80R12(外径537ミリ)のみ。これはハイゼットやキャリイ、エブリイ、N-VAN等の純正タイヤと同じなので、たとえフルノーマルの車両にも安心して装着できる。またLT(ライトトラック)規格の商品につき、車検も問題ない。

 ちなみに他社の同等サイズでのボコボコ系タイヤは、下で紹介するトーヨータイヤのオープンカントリーR/Tのほか、ブリヂストンのRD-604(145R12)やダンロップのグラントレックTG4(145R12)などがある。だが、「M/Tタイヤ」とうたっているのはジオランダーM/T G003だけ。ヨコハマタイヤとTOYO TIRESの軽トラと軽バン専用オフロードタイヤを紹介する画像はこちら

 「同じボコボコ系でも、RD-604やTG4は農作業などでも活躍しているガチの仕事用タイヤ。対してジオランダーM/Tは、ヨコハマの中でも〈ホビータイヤ〉と位置付けられており、趣味性やファッション性も高いタイヤというイメージで売り出している。若手ユーザーにもウケが良さそうです」と菅原さん。

街乗りオフローダー向け新シリーズ「X-AT」

 ジオランダーX-ATは2019年9月から販売が始まったばかりの新シリーズ。オフロード感のあるパターンを採用しながらも、オンロードでの快適性を追求したのが特徴で、そうした狙いはオープンカントリーR/Tとよく似ている。というか、ガチンコのライバルといっても差し支えない間柄だろう。ヨコハマタイヤとTOYO TIRESの軽トラと軽バン専用オフロードタイヤを紹介する画像はこちら

 「オープンカントリーR/Tとパターンを比べると、ジオランダーX-ATの方が若干大人しめな印象。それでもジオランダーA/T G015よりは明らかにゴツゴツしていて雰囲気がある。まだ履かせて走ったことはないので、実際の乗り心地や静粛性は分かりませんが、普通に考えればオンロードの快適性はジオランダーM/T G003より上。より一般ユーザー向けといえそうです」。ヨコハマタイヤとTOYO TIRESの軽トラと軽バン専用オフロードタイヤを紹介する画像はこちら

 軽トラ・軽バン向けサイズは145R14(外径590ミリ)。純正と比べると外径は50ミリ以上大きいため、これを履くだけで車高が25ミリほど上がる計算だ。純正では物足りないという人には嬉しいサイズながら、タイヤハウスに干渉するリスクも上昇。特にフロントのタイヤハウスが狭いDA16Tキャリイでは相当厳しく、他の車種でもリフトアップやバンパー加工、インナー加工といった何らかの対策を打たないと履くのは難しいと思われる。

noteで書く

画像ギャラリー