「アゲ」と「タイヤ変更」でクルマ激変! いま大人気コンパクトSUVの「野生化」の波がきてる (1/3ページ)

「アゲ」と「タイヤ変更」でクルマ激変! いま大人気コンパクトSUVの「野生化」の波がきてる

SUVの中でも売れ行き好調なコンパクト系

 外出自粛の出口が見えてきた今日この頃。今年は外で春を味わうことはできなかった分、状況が許すなら夏~秋はぜひともアウトドアを楽しみたい。キャンプやバーベキュー、釣りに山歩き、マリンスポーツなど。ステイホームで溜まったストレスは、自然の中で健康的に発散したいものだ。キャンプ場映えするコンパクトカーはダイハツ ロッキーとスズキ クロスビーとイグニス+αが狙い目

 その際の足として、ぜひオススメしたいのがクロスオーバーSUV系のコンパクトカー。ご存じの通り、クルマ業界はSUVブームが継続中。全体的な売り上げこそ若干減少しているものの、この「コンパクトSUV」の代表格であるホンダ ヴェゼルとトヨタ C-HRは、2019年(1月~12月)の販売台数が5万台を優に越える。キャンプ場映えするコンパクトカーはダイハツ ロッキーとスズキ クロスビーとイグニス+αが狙い目

5ナンバーサイズなら肩肘張らず楽に乗れる

 しかし今回取り上げるのは、もうひとまわり小柄な5ナンバーサイズのスモール系コンパクトSUVだ。なぜならいろんな意味でお手軽だから。具体的なメリットを挙げると、

(1)100万円台から買える
(2)小柄で取り回しやすい
(3)燃費も良好
(4)いい意味で“本格SUVな雰囲気”が薄い

といったところ。キャンプ場映えするコンパクトカーはダイハツ ロッキーとスズキ クロスビーとイグニス+αが狙い目

 (1)〜(3)はなるほどと納得してもらえると思うが、(4)は「?」となる人もいるかも知れない。これは考え方にもよるのだが、「悪路に強い4WDロックモード搭載!」とか「耐久性に優れたラダーフレーム!」といわれても、ライトユーザーにとってはあまり魅力に感じないだろう。むしろ「頑張って悪路を走らなきゃ…」という謎のプレッシャーにもなりかねない…?

キャンプ場映えするコンパクトカーはダイハツ ロッキーとスズキ クロスビーとイグニス+αが狙い目
(注)手前はジムニーシエラですが後ろはジムニーです。またいずれもカスタマイズしています

 そういう意味では、肩肘張らずに乗れるのがコンパクトSUVのいいところ(※ただしジムニーシエラを除く)。それでいて見た目はお洒落なオフロードテイストだから、キャンプ場でも映える。ふと思い立った週末に家族や友人、カップルで気軽にアウトドアを楽しむにはピッタリではないだろうか。キャンプ場映えするコンパクトカーはダイハツ ロッキーとスズキ クロスビーとイグニス+αが狙い目

 「免許取りたての若者やシニア層はもちろんですが、自分のような40代くらいの人間にとっても『楽に乗れる』のは魅力。特に誰と張り合うでもなく(笑)、遊びクルマとして割り切って楽しめる。ハスラーなど軽自動車のSUVも悪くないのですが、4人乗りというのと、高速道路だともう少しパワーが欲しい場面もある。それに今どきの軽自動車は150万円超えも普通で、コンパクトカーと価格差も小さい。中古だとむしろコンパクトカーの方が安いですからね」とカスタムパーツメーカー・KLCの川原さん。

 では具体的にどんな車種がオススメなのか、川原さんのおすすめコメントと共に紹介していく。

画像ギャラリー