国産タイヤメーカーも後押し! いま軽バン・軽トラのアウトドア系カスタムが急増中 (1/2ページ)

国産タイヤメーカーも後押し! いま軽バン・軽トラのアウトドア系カスタムが急増中

アゲた軽バン・軽トラにも最適なオフロード系タイヤ

 軽バン・軽トラといえば仕事クルマの代名詞。昔からイジる文化もあったのだが、どちらかといえば一部の愛好者の世界だった。それがここ数年はSUVブームの影響もあり、キャンプや釣りといったレジャーに活用したり、そうしたスタイルでドレスアップを楽しむ人が急増。イジる方向性も自然とリフトアップ系が中心となり、関連パーツも多くリリースされるようになった。

 そんな状況下において、密かに販売競争が繰り広げられているのが、リフトアップした軽バン・軽トラ向けの国産オフロードタイヤだ。

 A/T(オールテレーン=全地形)やM/T(マッドテレーン=泥地形)タイヤと呼ばれている部類で、一般的なノーマルタイヤとは違ってデコボコ、ゴツゴツしているのが特徴。ぬかるみや砂利道といった未舗装路に強く、見た目も無骨でワイルド。

トーヨータイヤとヨコハマタイヤが軽バンと軽トラ用タイヤをリリース画像はこちら これを軽バン・軽トラに履かせるだけで一気にオフロード感が出てくる。同時にリフトアップをすると効果倍増だが、ノーマル車高のままでもかなりイメージを変えられる。

 なおかつ実際に不整地にも強いからアウトドアユースで重宝。ルックスと実用性の両方を兼ね備えたオフロードタイヤは、今やクロカン四駆のためだけの存在ではないのだ。

トーヨータイヤとヨコハマタイヤが軽バンと軽トラ用タイヤをリリース画像はこちら

新境地を切り開くTOYO TIRES「オープンカントリー」

 中でも軽バン・軽トラに人気のタイヤといえば、トーヨータイヤの「OPEN COUNTRY(オープンカントリー)」が最右翼だろう。ここ数年で急激にシェアを伸ばしている注目ブランドで、中でも「オープンカントリーR/T」は、軽バン・軽トラ以外にもハスラーやジムニー、普通車ではランクル&プラド、デリカD:5、RAV4といったクルマたちによく履かれている。

トーヨータイヤとヨコハマタイヤが軽バンと軽トラ用タイヤをリリース画像はこちらトーヨータイヤとヨコハマタイヤが軽バンと軽トラ用タイヤをリリース画像はこちら 「もともとオープンカントリーは北米で展開していた大型SUVやピックアップトラック向けのオフロードタイヤ。そちらでまずしっかりと地盤を固め、満を持して2016年から国内でも販売が始まったんです」と広島県のプロショップ・エススタイルの菅原さん。

トーヨータイヤとヨコハマタイヤが軽バンと軽トラ用タイヤをリリース画像はこちら その国内向け第1号となったのがオープンカントリーR/T。R/Tとは「ラギッドテレーン」のことで、「デコボコのある」「ゴツゴツした」地形向けという意味になる。従来のA/TともM/Tとも違う、いってみれば両者のイイトコ取りをしたようなトーヨータイヤ独自のジャンルだ。

トーヨータイヤとヨコハマタイヤが軽バンと軽トラ用タイヤをリリース画像はこちら 「A/Tだと少し物足りないし、M/Tではゴツ過ぎる。だったらその中間を、という絶妙なポジションを突いたタイヤ。見た目はそれなりにデコボコ感があるのに、舗装路でも快適に走れる。もちろん一般的なロードタイヤのような静かさや乗り心地までは望めませんが、初めてオフロードタイヤを履いた人でも、抵抗なく乗れるレベルだと思います」。

トーヨータイヤとヨコハマタイヤが軽バンと軽トラ用タイヤをリリース画像はこちら ということで、特にファッション目的でオフロードタイヤを履きたいユーザーに大いにウケた。販売当初のメインターゲットは主にハスラー(初代)であり、そのユーザー層のニーズとぴったりマッチしたのも大きい。

 また軽バン・軽トラの純正サイズである145/80R12を比較的早い段階からラインナップしていたのも人気の幅を広げた要因だろう。

トーヨータイヤとヨコハマタイヤが軽バンと軽トラ用タイヤをリリース画像はこちら

画像ギャラリー