なぜいま軽トラなのか? 流行りだしたカスタムと熱すぎる5台 (1/2ページ)

なぜいま軽トラなのか? 流行りだしたカスタムと熱すぎる5台

実用に特化したクルマだから自分好みに味付けしやすい

 ニーズの多様化が進み、個性的なモデルが増えつつある軽自動車。カスタマイズシーンもここ数年で変化が訪れ、ワゴンRやタントなどのハイトワゴン系だけでなく、趣味性が強いクルマにもスポットが当たるようになった。その代表と言えるのが軽トラックだ。

 人気の理由は乗用の軽自動車と違い、あくまでも実用に特化したクルマだから良い意味で飾り気がない。だからちょっと手を加えるだけでも代わり映えがするし、他の軽トラとはひと味違った雰囲気が出る。

 また軽トラのウリである広々とした荷台を生かし、自由自在にアレンジできるのも大きな魅力。そしてあらゆるスタイルに振っても決まるというのも、素材自体がシンプルな軽トラならでは。

 そこで今回は「本当に軽トラなの?」と驚いてしまう、ハードなカスタム例を見ていくことにしよう。

テントとしても使える幌で仕事と遊びを両立

 荷台にオートプロ製の幌、「スーパーホロカスタム」を装着したホンダ・アクティトラック。オーナーのOさんはふだん農業関係のお仕事をしており、雨の日でも荷物を濡らすことなく運べるから重宝しているという。

軽トラキャンプからJPSロータス仕様まで!?カオスな軽トラカスタムの世界

 しかもこのスーパーホロカスタムは、左右開閉式という点が他の幌と大きく違う点。横開きしてタープを張れば、雨や風をしのげるプライベートスペースに早変わり。「幌があれば雨の日でも荷物を運びやすいし、釣りなどのアウトドアも好きなので仕事以外でも使えそうだと思って導入しました」とOさん。

軽トラキャンプからJPSロータス仕様まで!?カオスな軽トラカスタムの世界 幌はグリーンのカモフラージュ柄×ベージュのツートンカラー。ボディカラーはジムニー純正色をベースとした、オリジナルアイボリーで全塗装。ルーフはさり気なくホワイトでペイント。女性らしいおしゃれなカラーコーディネートも魅力的な1台だ。
 最近はキャンプブームということもあり、軽トラで大自然を満喫するのも楽しいだろう。「軽トラは仕事だけでなく、プライベートでも使えて一石二鳥。キャンピングカーよりも安い予算で自分だけの空間が作れるのが魅力です」と、語ってくれた。

軽トラキャンプからJPSロータス仕様まで!?カオスな軽トラカスタムの世界

走りの素質を持つ軽トラはサーキットでも大活躍

 軽トラは車重が軽く、駆動方式はドリフトで有利なFRや、重量配分に優れたMR(アクティ)を採用。実はチューニングのベース車としても人気で、軽トラだけの走行会も定期的に開催され、愛好家たちがサーキットを爆走している。

 静岡県にあるGT CARプロデュース(http://www.gt-produce.com)は、全国でも珍しい軽トラ用のチューニングパーツを積極的に開発しているショップ。同社が手がけたスズキ・キャリイトラックは、ボルトオンで装着できるオリジナルのスーパーチャージャーキットを搭載。走る上では少々非力なNAエンジンを、約15~20馬力もパワーアップさせることが可能だ。

軽トラキャンプからJPSロータス仕様まで!?カオスな軽トラカスタムの世界 またファンネル構造を採用したエアクリーナーやステンレス製の等長タコ足、オリジナルマフラーで吸・排気系を強化。アルミ2層の大容量ラジエターやオイルクーラーなど、冷却系も抜かりなし。足まわりもステアリングレスポンスが向上するスタビライザー、リアまわりの剛性を上げるリーフアンダーバーなどを装着して、よりクイックな走りが楽しめる。
軽トラキャンプからJPSロータス仕様まで!?カオスな軽トラカスタムの世界 FRスポーツカーは中古車市場でも高値だが、軽トラなら手頃な価格で手に入る。他と違ったクルマでスポーツ走行を楽しみたい人には、特にオススメしたい。

画像ギャラリー