「軽はいいけどフル乗車だと荷物が……」の悩みを解決する「屋根上収納」という選択 (1/3ページ)

「軽はいいけどフル乗車だと荷物が……」の悩みを解決する「屋根上収納」という選択

荷室の狭い軽自動車だからありがたみも大きい

 改めていうまでもなく、軽自動車は小さい。具体的なボディサイズは全長3400ミリ以下、全幅1480ミリ以下と定められている。そのワンクラス上の小型自動車(5ナンバー車)と比べてみると、そちらは全長4700ミリ以下、全幅は1700ミリ以下。幅はともかく、長さでは1.3メートルも軽自動車の方が小さいことになる。軽自動車の積載容量をルーフキャリアを付けて補う

 しかし今どきの軽自動車に乗ると、室内は思いのほか広く感じる。それは天井が高いことに加え、前後席の居住スペースが限界まで広く確保されているためだ。いい方を変えるなら、それだけリアの荷室スペースは削られている(軽バン・軽トラは除く)。軽自動車の積載容量をルーフキャリアを付けて補う

 だから座席の形状を工夫して、折り畳んだ時に荷物を積みやすくしている車種も多い。しかし4名フル乗車だとシートアレンジはできず、たとえば一家4人で泊まりがけの旅行に行きたい、となった場合は荷物の収納スペースに困るだろう。軽自動車の積載容量をルーフキャリアを付けて補う

 前置きが長くなったが、そんな時の頼れる救世主がルーフキャリア。車種や商品にもよるが、20~30㎏の荷物を屋根の上に積むことができる。4人で1~2泊くらいの荷物なら余裕だし、スキーなどの長尺物や、クーラーボックスといったかさばるモノも積めたりする。
 
 しかもルーフキャリアを装着すると、車種問わずお洒落に見えるという嬉しいオマケ付き。これから旅行やアウトドアを楽しみたいと考えているファミリーには、ぜひ導入をオススメしたい。軽自動車の積載容量をルーフキャリアを付けて補う

〈ルーフキャリアを使えばこんなメリットも〉
◆乗車人数に関わらず室内を広く使える
◆荷物の汚れやニオイなども気にならない
◆流行のSUVテイストを演出できる

画像ギャラリー