クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CUSTOM
  • アゲ系と共にブーム再燃! 最近よく見かける「白文字タイヤ」の正体とは
CUSTOM
share:

アゲ系と共にブーム再燃! 最近よく見かける「白文字タイヤ」の正体とは

投稿日:

TEXT: 佐藤知範  PHOTO: K-STYLE編集部、ミシュランタイヤ、ブリヂストン、TOYO TIRES、ダンロップ

  • ホワイトレター

鬼に金棒、オフロードタイヤにホワイトレター

 スポーツ性能の高いハイグリップタイヤ、静かで乗り心地の良いコンフォートタイヤ、燃費を重視したエコタイヤに、雪道用のスタッドレスタイヤなど。タイヤにはさまざまな種類がある。では、「ホワイトレタータイヤ」はご存じだろうか。

 「ホワイトレター」は、タイヤの横面(サイドウォールという)にあしらわれた白いロゴのことだ。大抵のタイヤのサイドウォールにはメーカー名(YOKOHAMAやBRIDGESTONEなど)やブランド名(GRANDTREKやOPEN COUNTRYなど)などのロゴが刻印されている。それが普通なら黒(ブラックレターという)のところ、白になっているモノをホワイトレタータイヤと呼ぶ。なのでタイヤの種類の1つというよりは、デザインの1つといえる。

 「60~70年代にアメリカで流行したホワイトレターですが、やがて日本にも入ってきて定着しました。アメ車、スポーツカー、SUVといった趣味性の高いクルマたちに好まれ、特に四駆系のカスタマイズでは定番アイテムになっています」と、広島県のカスタムショップ・エススタイルの菅原さん。

 ということで昔からホワイトレターはオフロードタイヤに多いのだが、サイズは外径750ミリ以上のデカいヤツがほとんどだった。しかし、ここ数年のSUVブームに伴いラインナップが拡大中。ランクルなど大型SUV向けのサイズだけでなく、ミドル・コンパクトクラスのSUVや、ジムニーなど軽自動車に装着できる商品も増えた。身近な車種でもホワイトレターを楽しめるようになってきたのだ。 「オフロードタイヤはその名の通り、未舗装路を走るためのものですが、そのワイルドな見た目も大きな魅力。実際にオフロードに行く機会は少なくとも、履くだけで『それっぽい雰囲気』を出せます。さらにホワイトレターならアピール度が倍増。リフトアップなどカスタムしたクルマに合うのはもちろん、フルノーマル車に合わせても見映えはガラリと変わってくる。流行のSUVでお洒落にキャンプを楽しみたい、という人にもピッタリだと思います」。

ホワイトレターの先駆者といえば「BFグッドリッチ」

 それでは注目のホワイトレタータイヤを紹介していこう。一番手は大本命・BFグッドリッチだ。4WDファンならずとも多くの人に愛される有名ブランドで、創立は1870年と非常に古い歴史を持つ。現在国内では全4シリーズを展開。

 中でも広く人気を集めているのが、「オールテレーンT/A KO2」。対応リム幅は15・16・17・18・20インチ。20インチはブラックレターのみだが、他のサイズは大部分がホワイトレター仕様となる。215/70R16や225/70R16、225/75R16といった小さめのSUVに履けそうなサイズも多い。 「文字の大きさ、長さのバランスが良く、そして『BFGoodrich』のロゴはやっぱり見映えがいい。ホワイトレターはメーカーやブランド名がドーンと前面に押し出されるわけですから、高いステイタス性を誇るグッドリッチはひときわ目を引きます」と菅原さん。

 BFグッドリッチではオールテレーンT/A KO2のほか、マッドテレーンT/A KM2、オンロード系ながらラジアルT/Aにもホワイトレターの設定もある。

オン/オフのバランスが良い「オープンカントリーR/T」

 A/Tタイヤ(オールテレーン=全地形)とM/Tタイヤ(マッドテレーン=泥地形)、2つの性質を組み合わせた、トーヨータイヤ独自のR/T(ラギッドテレーン)パターンが特徴の「オープンカントリーR/T」。ほどよくゴツゴツ感がありながら、オンロードでの乗り心地や静粛性も考慮された人気シリーズだ。

 「A/Tでは見た目が物足りない、M/Tはゴツゴツ過ぎてちょっと不安、というユーザーに支持されています。オフロードタイヤとしては静かで乗り心地も良いため、ビギナーでもあまりストレスに感じることはないと思います」。

 以前はブラックレターしかなかったが、昨年からホワイトレター仕様の新サイズが4本追加されている。

 「185/85R16はジムニー向け。215/65R16はハイエース、235/70R16と225/60R18はジムニーシエラ、デリカD:5、RAV4あたりが履けそうです。またオープンカントリーブランドでは、M/Tも225/75R16のみホワイトレターになってます」。

ゴツさよりオン性能重視なら「ジオランダーA/T G015」

 4×4業界ではBFグッドリッチに並ぶ知名度を誇るヨコハマ・ジオランダー。サイドウォールに浮かび上がる「GEOLANDAR」のロゴに憧れを持つファンも多い。このブランドのホワイトレターといえば、オールテレーンの「ジオランダーA/T G015」だ。

 「A/T G015の見た目は、普通のタイヤよりはトレッドパターンが粗めかな~という程度で、正直デコボコ感は少ない。それでもサイドウォールのデザインは迫力があるし、オフロード性能はキャンプなどで使うには十分なレベルです。オンロードでのウェット性能、静粛性、耐摩耗性(減りにくさ)を気にする人にも向いています」と菅原さん。

 またこのタイヤのホワイトレターは正確には「アウトラインホワイトレター」。文字のフチだけが白く、内側は黒いデザインとなる。ベタ塗りの白文字とどちらがいいかは好み次第だが、白の面積が少ない分、印象としては若干落ち着いた感じだろうか。

 対応サイズは15・16を中心に豊富に用意。タイヤ幅はミドルクラス以下も履きやすい215・225・235もひと通り揃う。ただブラックレター仕様のサイズも多いので、購入の際はWEBサイト等でしっかり確認した方がいいだろう。

 「ジオランダーといえばマッドパターンのM/T G003が人気ですが、残念ながらホワイトレター設定はなし。その他、A/T G015よりさらにオンロード寄りのジオランダーH/T G056というタイヤもあって、195/80R15のみホワイトレターになってます。これはジムニーシエラの純正サイズですね」。

名門ブリヂストン「デューラー」はサイズ少なめ

 30年以上の歴史を持つブリヂストンのSUVタイヤブランド・デューラー。ホワイトレターは「デューラーA/T001」「デューラーM/T674」に設定があり、いずれもアウトラインホワイトレターとなる。

 「これもA/T001の方はあまりデコボコしていませんが、トレッドパターンが独特なのでけっこうインパクトがあります。しかしホワイトレターは大型SUV向けが多く、履ける車種は限られます。最もタイヤ幅&外径の小さなサイズが225/70R16(外径722ミリ)で、あとは軒並みタイヤ幅は245以上、外径は750ミリ以上しかないです」。

 M/T674の方も似たような状況で、ミドルクラス以下向けは215/75R15、225/75R16くらい。ブラックレターならジムニーにドンピシャの185/85R16があるので惜しいところ。

1 2

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS