タープ張りのイライラから解放! クルマキャンプなら絶対「サイドオーニング」がオススメなワケ

タープ張りのイライラから解放! クルマキャンプなら絶対「サイドオーニング」がオススメなワケ

オーニングがあればテントなしでもキャンプを楽しめる

 ここ数年、SUV・クロスオーバー系の台頭と共に盛り上がりを見せるキャンプブーム。外出自粛が続いている今は難しいが、コロナ騒動が収まったらチャレンジしてみたいと考えている人も多いのではないか。

 だが筆者のようなビギナーにとって最大の懸念は、「なんか大変そう」。たとえばキャンプの必需品、テントやタープの設営だ。袋から一式を取り出して並べ、テントを広げてポールを通してハンマーでカンカンとペグを打って…と考えるだけで面倒に思えてくる。自動車でキャンプへ行くならタープを張るよりもサイドオーニングを活用した方がオススメです

 そんなものぐさ同志(?)にオススメしたいのが、“サイドオーニング”だ。クルマのルーフのサイド部に装着するアイテムで、基本的にはクルクル丸まって収納されている生地を引っ張り出し、付属のポールを立てるだけで日よけが完成する。自動車でキャンプへ行くならタープを張るよりもサイドオーニングを活用した方がオススメです

 テーブルやチェアはこのオーニングの下で広げ、寝る時は車中泊にすればテントは不要。そもそもデイキャンプならオーニングだけでも十分だ。撤収作業もグッと簡単になり、キャンプに伴う「面倒事」はかなり減る。積極的に出掛けるモチベーションにもなるだろう。

 「オーニングのセッティングは1人でも1~2分あればできる。作業自体、非常に簡単なので、アウトドア初心者でも戸惑うことはないと思いますよ」と静岡県のカスタムショップ・CDPシズオカの小倉代表。同社では“O.G Base”という四駆×アウトドアのブランドを展開し、サイドオーニングの販売や取り付けも行っている。

お手軽なカータープよりもさらに楽なオーニング

 オーニングと似たようなアイテムに“タープ”がある。これは床面のないテントのようなモノで、クルマを支柱として活用する商品はカータープやカーサイドタープと呼ばれている。

 これらカータープのいいところはお手軽さ。ogawaなどブランド品は数万円するが(ジムニーの純正オプションにもogawa製カータープあり。価格は3万9600円)、1万円以内で買える商品も多い。そういう意味ではキャンプビギナー向きといえる。自動車でキャンプへ行くならタープを張るよりもサイドオーニングを活用した方がオススメです

 「しかし、設営の手間はカータープはテントとそれほど変わりません。いくら慣れている人でも5分以内に張るのは難しいでしょう。初心者なら30分くらい掛かったりします。きちんと正しく設営するにはちょっとしたコツも必要です」と小倉さん。

 収納の際もタープは「折って畳む」必要があり、それもがけっこう手間なのと、折り目から生地が劣化しやすいというデメリットもある。また雨に濡れたらしっかり乾かす必要があるが、その際はまたいちいち組み立てないといけない。

 「たとえば悪天候に見舞われた場合、雨に濡れながら苦労して畳んで、後日また晴れた日に広げて、乾いたらまた畳んで、とかなり面倒です。その点、サッと広げてサッとしまえるオーニングはとにかく楽。収納も丸めるタイプなので、生地にシワができにくく劣化しにくいです」。

オーストラリアの名門・ARB社のサイドオーニング

 そうしたことを踏まえ、CDPシズオカではキャンパーたちにサイドオーニングを推している。具体的にはオーストラリアの有名四駆パーツメーカー・ARB社の商品になる。自動車でキャンプへ行くならタープを張るよりもサイドオーニングを活用した方がオススメです

 「ARBはオフロードの本場、オーストラリアのトップブランドです。荒野で何ヶ月も使い続けることも想定して作られており、品質は文句なしに高い。正規品であればクレーム対応も保証もきちんとしているので安心です」。自動車でキャンプへ行くならタープを張るよりもサイドオーニングを活用した方がオススメです

 装着はボディ直付けではなく、同じくARBのアルミ製ルーフラックに付けるのが基本。つまりルーフラックとセット導入になる。気になるのが価格だが、64/74ジムニー用で29万9750円となかなか高額。自動車でキャンプへ行くならタープを張るよりもサイドオーニングを活用した方がオススメです

 ただしこれはARBルーフキャリアとサイドオーニングだけでなく、キャリアの前後バランスやサイドオーニングの位置を最適化するための加工代も含まれる(正確にはARBルーフキャリアのみの来店取り付け価格。現在キャンペーン中につき、サイドオーニング分は無料になっている)。

 「もともと車種専用の商品ではないので、キレイに使い勝手良く装着するにはひと手間必要。何もせずただ付けただけだとオーニングの位置が低くなり、車体ともスキマが空くため、雨天時はかなり水が滴ってきます」。自動車でキャンプへ行くならタープを張るよりもサイドオーニングを活用した方がオススメです

 オーニングのサイズは間口2.5メートル×出幅2.5メートルと、間口2メートル×出幅2.5メートルの2種類あり。ジムニーなら後者がジャストだ。

 ちなみにサイドオーニングにはハイエースなどのキャンピングカーが付けているようなボディに直接付ける本格的なタイプも存在する。ここまで本気になると価格が張るのはもちろん、ボディへの穴開けが必要だったり、重量も非常に重かったりといろいろハードルが高くなってくる。自動車でキャンプへ行くならタープを張るよりもサイドオーニングを活用した方がオススメです

ルーフキャリア付きのクルマなら7~8万円で導入も

 とはいえ、30万円はキツイなあ、愛車もジムニーじゃないしなあ、という人がほとんどだろう。そんな場合でも「何らかのルーフキャリアを装着している」という基本条件さえクリアしていれば、ARB製のサイドオーニングを装着できる可能性は十分ある。

 「取り付け部分をワンオフするなど工夫すれば付けられるかもです。ただしどんな車種やキャリアでもOKとは限りませんけどね。予算は当店の場合だとサイドオーニング本体(4万7000円/5万3000円)+加工代(2万5000円~)で7~8万円くらいが目安です。車種がピンポイントになっちゃいますが、デリカD:5であれば、ARBルーフラック&ARBサイドオーニングの専用キットが間もなくリリース予定ですよ」と小倉さん。自動車でキャンプへ行くならタープを張るよりもサイドオーニングを活用した方がオススメです

 単純にイニシャルコストだけで比べるなら、一般的なカータープの方が有利。しかし実際に何度も使うことを考えれば、「楽に設営できる」オーニングに分がある。テントやタープの設営もやってみれば楽しいものだし、毎回まったく苦にならないユーザーもいるだろうが、面倒くささが上回ってしまう筆者のようなタイプもいる。そういう人は早い段階で使わなくなっていくからだ。

 そしてオーニングが活躍するのはオートキャンプ場だけではない。ルール&マナー違反にならない場所であれば、どこでも手っ取り早くアウトドアを楽しめる。たとえば今日は天気がいいから外でランチでも、といった時にも使える。

 「ARBサイドウィンドブレイクやARBデラックスオーニングテントといった、ARBサイドオーニングに追加できるオプション品も用意。お客様の中にはオーニングを付けたのがきっかけで本格的にキャンプにハマったというケースも多く、そうした方がステップアップできる余地もあります」。自動車でキャンプへ行くならタープを張るよりもサイドオーニングを活用した方がオススメです

自動車でキャンプへ行くならタープを張るよりもサイドオーニングを活用した方がオススメです

 なお、オーニングのセッティング方法や使用例は「ARB Awning」で動画検索するとヒットするので、興味を持った人はチェックしてみよう。また購入前に実物を見たいという人は、C.D.Pシズオカに来店すれば設営の実演もしてくれるそうだ。自動車でキャンプへ行くならタープを張るよりもサイドオーニングを活用した方がオススメです

 残念ながら今すぐは出掛けるのはまだ難しいが、きっと遠くない日にまたアウトドアやキャンプを楽しめる日々がやってくる。その時のために、いろいろ妄想を膨らませてこの時期を過ごすのも悪くないだろう。

 

【取材協力】
C.D.Pシズオカ(O.G Base)
◆静岡県静岡市駿河区下川原4-27-1
◆tel.054-257-5146
https://cdpshizuoka.com
◆営業時間:8時30分~18時
◆定休日:日・祝日

 四駆でアウトドアを楽しむためのカスタマイズを提案。ARB製品だけでなく、バンパーやオーバーフェンダーといったオリジナルの外装パーツも好評だ。代表の小倉さん自身、古くから四駆とキャンプを愛するベテランユーザー。


画像ギャラリー