「アゲ」と「タイヤ変更」でクルマ激変! いま大人気コンパクトSUVの「野生化」の波がきてる (3/3ページ)

トールワゴンもカスタムでキャンプ映え仕様に!?

 最後は番外編として、ダイハツ トール、トヨタ タンク&ルーミー、スバル ジャスティの4車種(いずれもOEMなので基本は同じクルマ)もぜひ提案させていただきたい。これらはロッキーやクロスビーと同じ「コンパクトカーの中でも小さいクルマ」ではあるのだが、スタイリングはクロスオーバーSUVではなくトールワゴン。ワゴンRやムーヴといった上背のある軽自動車を5ナンバーサイズに拡大したようなフォルムになっている。

【関連記事】「リバウンドストップ」ってなに? 「ハイエース」「キャラバン」を快適な乗り味にするウレタン製パーツの正体とは

キャンプ場映えするコンパクトカーはダイハツ ロッキーとスズキ クロスビーとイグニス+αが狙い目画像はこちら

 「ノーマルだとぜんぜんSUV感はありませんが、車高を軽く上げてオフロード系タイヤを履かせると、意外と『アリ』になるんですよ。最近の新車の傾向として、普通のクルマなのにSUVっぽい仕様を設定したりするじゃないですか。トヨタのグランパーとか、ホンダのクロスターとか。そういうノリですね」と川原さん。キャンプ場映えするコンパクトカーはダイハツ ロッキーとスズキ クロスビーとイグニス+αが狙い目画像はこちら

 利点は「安い・小さい・燃費良し・楽に乗れる」はもちろんのこと、さらに「広い室内」が加わる。例えば単純にロッキーとトールの室内寸法を比べるとこうなる。

【ダイハツ・ロッキー】
◆室内長:1955ミリ
◆室内幅:1420ミリ
◆室内高:1250ミリ

【ダイハツ・トール】
◆室内長:2180ミリ
◆室内幅:1480ミリ
◆室内高:1355ミリ

キャンプ場映えするコンパクトカーはダイハツ ロッキーとスズキ クロスビーとイグニス+αが狙い目画像はこちら

 「それでいてボディサイズは全長3700(3725)×全幅1670×全高1735ミリ。SUV系はフェンダーまわりを膨らませて力強さを演出したり、シート座面を高めにしているんですが、そうすることで居住空間が圧迫されてしまう。その点、トールワゴン系はめいっぱい室内スペースを確保しているから、ボディサイズの割に中が広いんです。しかも便利なスライドドア。コレはイイ素材と見て、こちらのリフトアップスプリングも開発中です」。キャンプ場映えするコンパクトカーはダイハツ ロッキーとスズキ クロスビーとイグニス+αが狙い目画像はこちら

 なお、純正タイヤサイズは165/65R14(外径約570ミリ)または175/55R15(外径574ミリ)と、ほとんど軽自動車並み。ハスラー純正サイズの165/60R15(外径579ミリ)なら無難に履けるだろうし、オフロード系タイヤもそこそこある。またはラインナップは少なめながら、175/65R15(609ミリ)も車高を上げれば狙い目になりそうだ。
※上記タイヤはいずれも装着未確認なので購入前に現車合わせを必ずして下さいキャンプ場映えするコンパクトカーはダイハツ ロッキーとスズキ クロスビーとイグニス+αが狙い目画像はこちら

 ファミリーはもちろん、カップルでもトールワゴンの広さ&利便性は魅力に違いない。外装を軽くカスタムして「キャンプ映え」を意識しつつ、荷物をたっぷり積んで出掛けるのもオツなものだろう。

【取材協力】
KLC(ケーエルシー)
◆千葉県富津市青木3-16-8
◆tel.0439-88-0450
http://www.klc-div.com
◆営業時間:10時~19時
◆定休日:祝祭日、イベント参加日

 車検対応のリフトアップサスペンションを幅広くラインナップする人気カスタムパーツメーカー。対応車種は軽自動車が中心だったが、今後はコンパクト系も増やしていくとのこと。

画像ギャラリー