クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CUSTOM
  • スズキ・ハスラーが時代を変えた! 軽自動車に「車高を上げる」カスタマイズが流行している理由
CUSTOM
share:

スズキ・ハスラーが時代を変えた! 軽自動車に「車高を上げる」カスタマイズが流行している理由

投稿日:

TEXT: 岡田幸一  PHOTO: Auto Messe Web編集部

軽SUV人気から「車高上げ」ブームに

 軽クロスオーバーや軽SUVと呼ばれる新しいスモールカーが、各自動車メーカーから続々と登場している。その流れを作ったのは、2014年に登場したスズキ・ハスラーだろう。それ以降、軽自動車のカスタマイズで車高を上げる「アゲスタイル」が脚光を浴び、大きな潮流となっている。ここでは、そういった軽自動車カスタマイズの最新事情を紹介する。

車高を上げた軽自動車はジムニーが火付け役

 そもそも車高を上げるカスタマイズは、ハイリフトやリフトアップと呼ばれるスタイルは、国内ではハイラックスやパジェロ、デリカなど4WDやRV系が元祖。そして、軽自動車の場合は忘れていけないのがジムニーだ。

 元来、ジムニーのリフトアップ車は、フルサイズの四輪駆動車と同等かそれ以上に事例が多い。それはジムニーの根強い人気が背景であり、例えばクロスカントリー・モータースポーツのトライアル競技では、ジムニーをベースとした競技車両は昔から人気だ。それらは、当然ながら狭い林道などの悪路での”走破性を上げる”ために車高を上げるのが前提だ。

 また、林業従事者や狩猟を生業とする猟師たちにとっても、ジムニー以外に選択肢がないという必然性から来るものもある。彼らは、仕事上、草木が生い茂り、タイヤで地面が削られたわだち(轍)の激しい未舗装路へ行く必要があるが、そういった場所は車高が上がったスモールカーのみが入っていける。逆を言えば、ジムニーの大きさじゃないと走れない。ジムニーとジムニーリフトアップのマーケットが強固な理由はそんなところにもある。

 

ハスラーをお洒落なオフロードルックへ

 そのジムニー系のカスタマイズを施しているメーカーやショップが一斉に目をつけたのが、ハスラーだった。本丸のクロスカントリー系はジムニーに任せるとして、ハスラーはストリートを前提にオフロードルックを注入し、お洒落に(むしろ女性ウケ狙いで)車高を上げて見せた。

 ジムニーのノウハウをフィードバックさせれば、上げること自体は難しいハナシではない。ここから「軽自動車の車高を上げる」というカスタムが広く知られるようになる。

 リフトアップされたハスラーは、よりSUVらしさを獲得。悪路や街中の段差などでの走破性が向上することで、軽自動車ながら活躍するフィールドが格段に広くなる効果を得た。また、カスタマイズユーザーにとってもローダウンが当たり前になっていた中にあって、リフトアップされたスタイルが新鮮であり刺激的に写ったに違いない。

 ちょうど同時期に流行の兆しのあったアウトドアブームの波にも乗り、ワゴンドレスアップ以外にも軽自動車が生きる道を見つけたのだ。それがSUVユースと“アゲ”だ。

 

アウトドア系モデルの台頭

 ハスラーの登場以降、最近のスズキ車に車高を上げるカスタマイズが似合うクルマが多く登場していることも影響しているだろう。2018年にフルモデルチェンジしたジムニーはもちろん、同年末にアウトドアと遊びをテーマにしたスペーシアギアが登場。ハスラーのモデルチェンジも間もなくだ。

 これら軽SUVのおかげで、軽自動車は普通車に比べて格下の移動手段でありお買い物カーだった存在から、ライフスタイルに寄り添う絶対的なポジションを手に入れた。

 だからこそ不便を強いられるローダウンよりも、機能的にもメリットの多いリフトアップが、これまでカスタマイズに興味なかった人にも受け入れられたのは当然の流れなのかもしれない。

12


 

 

 

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS


 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

AMW SPECIAL CONTENTS