どうせ自然の中に行くならトコトン追求! 7つのアイテムで差を付ける「超エコキャンプ」とは (2/2ページ)

5)竹製歯ブラシ

 ナチュラルな見た目もオシャレな「竹製歯ブラシ」。100%天然の竹で作られ、包装に使われている箱も自然分解されるダンボールを使用。使い終わったらカビの発生を避けるため、風通しの良い場所に保管しておきましょう。

【関連記事】ベース車両は469万円から! フィアット「デュカト」の正規販売店が決定、キャンピングカー仕様は2023年にお披露目予定

竹製歯ブラシ画像はこちら

6)ソーラー製品

 電源のない場所や、電力がストップした時に活躍するソーラー製品。折りたたみ式ソーラーパネルから、モバイルチャージャー、LEDライトなど様々なアイテムがあります。LEDソーラーライト画像はこちら

 筆者がおすすめするのはエムパワード製品。LEDソーラーライトでありながら防水で、モバイルチャージャー機能もつき、最大50時間の連続点灯が可能です。

7)エコバッグ

 レジ袋が有料化となり、多くの人が持ち歩くようになった「エコバッグ」。キャンプの行き帰りに立ち寄ったお店などでも使えるように、常に車のサイドポケットに入れておくといいかもしれません。エコバッグ画像はこちら

環境に優しいアイテムを取り入れよう

 今回ご紹介したエコグッズをきっかけに、ゴミの削減や節水などに繋がれば、自然豊かなキャンプ場を守ってゆく一助になると思います。できることから少しずつはじめてみましょう。