「赤バッジ」「ニューマン」「鉄仮面」愛称こそが名車の証だった! 伝説のスカイライン7台+α (1/2ページ)

「赤バッジ」「ニューマン」「鉄仮面」愛称こそが名車の証だった! 伝説のスカイライン7台+α

愛称で呼ばれるほど人気だったスカイライン

 スカイラインと言えば、日産伝統のGT、そしてスポーツセダンというのは異論がないだろう。歴代、長きに亘ってクルマ好きに愛されてきたが、それだけに愛称も多く付けられた。スカイラインそのものに付けられた、キャッチフレーズでは羊の皮を被った狼などがあるし、さらにCMコピーも含めて、歴代それぞれに愛称が付けられてもいる。

 けっこうな数があるのとハコスカはおなじみなので、今回は7つ+1つに絞って紹介しよう。ちなみに、最近数代では付けられていないのでさびしい限りではある。

1)赤バッジ/青バッジ

 いきなり具体的なモデルのことではないが、スカイラインと切っても切り離せないのが、このふたつ。

 もとをたどると2代目の「GT-A」に青バッジが、「GT-B」に赤バッジが付けられたのが始まりで、その後はなにかというと、GT系のフェンダーなどにバッジが付けられて、ただのGTだと青ベース、GT-Rは赤ベース、でもGT-Rがないモデルにはトップグレードが赤だったりと、基準はけっこう曖昧。2代目スカイラインはグレードによってバッジの色が違っていた

 ただ、ハコスカあたりの時代でも、2000GTですら高くておいそれと買えず、青バッジでも憧れの的。さらに赤バッジとなるとその上を行く、崇高な存在だったのは確かだ。

2)ケンメリ

 4代目のスカイラインはご存知のケンメリ。広告キャンペーンに登場した、ケンとメリーをくっ付けたというか、短くしたのがケンメリだ。ちなみにもうひとつのキャンペーンが、ハコスカ時代から続く「愛のスカイライン」だ。4代目のケンメリスカイラインの発表時の様子

 ケン&メリーがスカイラインに乗って旅をするという、広告展開は社会現象にもなるほどの大ヒット。BUZZが歌うCMソングは33万枚も売れたし、アンテナショップもオープン。Tシャツも30万枚超も売れたとされる。2ドアクーペのケンメリスカイラインの発表会の様子

 また、CMに登場した北海道の美瑛にあるケンとメリーの木も、セブンスターの木ともども、今でも観光名所になっているほど。ちなみにケン&メリーという設定は、5代目スカイラインでも引き継ぎ、3代目ケンは今でもモテキャラで売る、マイケル富岡だった。北海道の美瑛にあるケンとメリーの木とケンメリGT-R

3)ヨンメリ

 ケンメリのなかで、クルマ好きとしてのメインはGT-Rのベースにもなった2ドアハードトップ。4ドアセダンは、リヤまわりが中途半端というか、当たり前だけどトランクが別になっていて、今ひとつな感じだった。ただ、あえて好むのも通な感じで「4ドアのケンメリ」を短くしてヨンメリと呼んでいた。改めていま見ると、キャビンが妙に際立っていてかっこいい。4ドアのケンメリでヨンメリと名付けられた4代目スカイライン

画像ギャラリー