「乗る前後」も「乗ってるとき」も高クオリティ! 自動車メーカーは「車いす」まで作る時代に (1/2ページ)

「乗る前後」も「乗ってるとき」も高クオリティ! 自動車メーカーは「車いす」まで作る時代に

トヨタと日産が専用の車いすをラインアップ

 近年、福祉車両が充実しはじめている。福祉車両というと、これまでは車いす利用者など障がいを持つ人の移動のためと考えられてきたが、高齢化社会を迎え、足腰の弱くなった人の移動の際に楽に乗降できるようにするなど、用途や採用車種が広がっている。それにあわせて自動車メーカーや関係メーカーが、クルマに乗ることを前提とした車いすの開発をしはじめている。クルマに乗ることを前提とした車いす

走行中の姿勢が安定するトヨタの「ウェルチェア」

 最初にこれを行なったのはトヨタであり、製品を「ウェルチェア」という。最大の特徴は、乗車後に座席がチルトし、後ろへやや傾く機構となっていることだ。乗車後に座席がチルトし、後ろへやや傾く機構となっている「ウェルチェア」

 それによって体を背中で支えられるようになり、足腰で踏ん張れない人でも加減速やカーブでの遠心力に対し体を支えやすくなる。したがって、クルマでの移動が苦痛でなくなるのだ。背もたれが後方へチルトすることで、加減速やカーブでの遠心力に対し体を支えやすくなる

 ほかにも着座位置が一般の車いすより低くなるため、同乗者との会話も、頭の高さが同じになって楽にできるようになる。また、乗降の際のシートベルトの装着・脱着もしやすくなっている。「ウェルチェア」では着座位置が一般の車いすより低くなる

 車いすでの乗車はスロープの設置やフックでの車いすの固定、そしてシートベルトの装着などで10分前後かかる。広い場所での状況なら時間は気にすることはないが、状況によってはゆっくり時間をかけられないケースも考えられ、また介護者の手間としても簡単に手早く操作できるのが望ましい。専用の車いすでは、乗車や車への固定に必要な時間を短くすることができる

 とくに既存の車いすでは、シートベルトの装着が考慮されていないため、腰ベルトだけしか装着せずに事故にあい、亡くなる事例も起きている。クルマに乗るための車いすがあるにこしたことはない。そこに手を打ったのがトヨタであった。ウェルチェアの価格は19万8千円で非課税だ。

軽自動車の荷室に収納可能な日産系の「LV車いす」

 日産もグループの一社であるオーテックジャパンと、車いすメーカーの共同開発による福祉車両向けの車いすを開発した。オーテックエルコが開発した「LV車いす」

 特徴は小さく折りたたむことができ、軽自動車の荷室にも搭載できる設計である点だ。もちろん、車いすで乗車することもできるが、クルマの座席へ移動できるくらいの体調であれば、車いすのまま乗車するより快適に移動できるだろう。そして軽自動車の福祉車両が充実し始めている今日、荷室容量に制約がある軽自動車へ容易に載せられる意味は大きい。通院や介護施設などへの送迎は、日々の生活であるからだ。軽自動車の荷室にも収納可能なLV車いす

 そのうえで車いすのまま乗車する際にも、固定のためのフックを取り付ける場所に目印が設けられている。一度覚えてしまえば作業は難しくなくても、たまにしか使わない場合は、何処にフックを掛けるか迷うかもしれない。正しくフックを掛けられなければ、車いすの固定が不十分になり、走行中に動いたりずれたりする懸念もある。車いすの固定は「安全」と、また車いすを使う人の「安心の面」で重要だ。LV車いすにはフックをかける位置がマーキングされている

 ほかにも左右の肘掛け部分にはシートベルト装着用の隙間が設けられており、ベルトを装着しやすくしている。LV車いすの左右肘掛け部分にはシートベルト装着用の隙間が設けられている

 さらにヘッドレストは取り外すことができ、使わない場合はいすの後ろ側に収納ステーに収納可能だ。取り外しできるヘッドレストは、使わない場合はいすの後ろ側に収納ステーに収納可能

「LV(ライフケア・ヴィークル)車いす」と呼ばれるこの製品の価格は15万円で、これも非課税だ。またLV車いすはオレンジと黒の2色から選べる。オレンジと黒の2色から選べるLV車いす

画像ギャラリー