「NOS搭載」ビートに夫婦の「ペアルック」コペン! 軽自動車イベントの超個性派オープンKカーが必見 (1/2ページ)

「NOS搭載」ビートに夫婦の「ペアルック」コペン! 軽自動車イベントの超個性派オープンKカーが必見

「米軍機カラー」や「旧車風」など、個性的なオープンKカーが続々

 先日行われた日本最大級の軽自動車オンリーミーティング「KING OF K-CARミーティング」。コロナ禍での開催なので、例年のように大々的に行うというわけにはいかなかったのだが、それでも400台近い軽自動車が全国から集結。軽カードレスアップ熱を存分に感じさせてくれる集まりとなった。10月4日に開催された「KING OF K-CARミーティング」に参加していたカスタムオープンKカーの紹介画像はこちら

 多種多様な参加車種の中で、今回はオープンカーをピックアップ。軽オープンといえば、これまではシンプルスポーティが定番であったが、そこからもう一歩踏み出して、自分らしさをアピールしまくっていた4台を紹介する。

通勤もサーキット走行もドレコンも、全部出来ちゃうビート

 免許を取得して最初に購入したクルマがビートだったというKサン。その後、走りにハマりスポーツカーを何台か乗り継ぎ、峠を攻めたり、サーキットでタイムアタックをしたりと楽しんできたが、「一通りやり尽くして」改めて考えてみると「ビートが一番楽しかったなぁと。速いクルマってたくさんあるし、速さを求めたらキリがない。ビートって運転が楽しいんですよ。S660は質が良すぎる(笑)。ビートのリニア感というか、リアルに全部伝わってくる、自転車感がいいんです」。カスタマイズしたホンダ・ビートのフロントビュー画像はこちら

 そして改めてビートを購入して10年。通勤にも使い旅行にも行く。時にはこれでサーキットも走るし、「ここ5年ぐらいでドレスアップにも興味がわいて」ドレコンにも参戦する。「あらゆる希望をこの一台で叶える」仕様に導いた。

 そして最も自慢したい特長が、ほとんど全てを自作でカスタムしているところ。BMW MINIの限定色「ラピスラグジュアリーブルー」へのオールペンも、ネットで調べて見様見真似で行った自家塗装。ちなみにこの色にした理由は、前仕様がミリタリーグリーンで零戦風だったので、「次はライバルのアメリカ軍戦闘機、コルセア風にしてみようかと」の発想から。ホワイトのセンターストライプも凛々しく、走りのムードも満点だ。カスタマイズしたホンダ・ビートのリアビュー画像はこちら

 前後のバンパーはKサン自らデザインしたオリジナル。サイドステップはレーシングハマーにESBのフラップをプラスし、オーバーフェンダーにもESBのバトルワークスを採用する。目指したのは「普通車に負けないシルエット。軽自動車なのに迫力があって、シュッとした速そうなシルエットに仕上げたいと思って作っています」。ホイールは一目惚れしたESBのTC01。ホワイトディスクで、センターストライプやシートのカラーと合わせる。カスタマイズしたホンダ・ビートの真横カット画像はこちら

 面白いのがボンネット内のドレスアップ。スペアタイヤが入っていて、周囲は金属むき出しで「やぼったい感じ」だったのが気に入らず、エンジンカバー用の樹脂を使ってDIY。光るエンブレムなども取り入れて、「ちょっと他の人が考えたことのないような」スマートでユニークなカスタムを施す。DIYで製作したホンダ・ビートのエンジンカバー画像はこちら

 積んでるNOSはもちろんダミーではなく本気の走りのため。でも、ドレコンに出るようになってからは、リモコンを使って遠隔操作でガス放出して見せるなど、パフォーマンス的要素も取り入れている。ホンダ・ビートに乗せているNOSシステム画像はこちら

 オープンにした時に丸見えになる内装も、もちろん力を入れている部分。運転席シートはS660純正を加工流用。ホワイトレザーのカバーで高級感も増す。ステアリングは「サーキットも走るので、ディープコーンで剛性の高い物」を求め、momoのDRIFT33φ。スポークは塗装し、カラーコーディネイトも万全。パネルや内張りは自家塗装やラッピング、グラフィカル水転写など様々な技術を駆使し、白、黒、カーボン柄で統一。「欧州車のプレミアムスポーツ風な質感を狙っています」。カスタマイズしたホンダ・ビートのインテリア画像はこちら

画像ギャラリー