DTMのドイツ勢に挑んだ孤高のイタ車! アルファロメオ155というドラマチックな名車とは (1/2ページ)

DTMのドイツ勢に挑んだ孤高のイタ車! アルファロメオ155というドラマチックな名車とは

アバルトが仕掛けたイタリア箱車の刺客

 1992年に登場したアルファロメオのセダンと言えば155だ。デザイン的にも先代たる75のエッセンスをさらに昇華した、直線基調の超ウエッジシェイプなシルエットは存在感十分。日本でもヒットとなった。性能はもとより忘れられないドラマに彩られたアルファロメオ155 V6 Tiを振り返ってみたい。

ツーリングカー戦国時代に個性極まる派手クルマ

 アルファロメオ155は走りもスポーティで、エンジンは2リッター直4DOHC8バルブのツインスパーク8Vと、ランチアデルタ・インテグラーレ譲りのターボ&4WDを搭載した、Q4というグレードが用意されていた。その後、2リッターが16V化されたり、2.5リッターのV6が追加されるなどして進化していった。

【関連記事】VW8代目ゴルフがついに日本上陸! ライバルを常にリードしてきた「歴代モデル」をおさらい

アルファロメオ155 その人気の後押しとなったのが、当時ドイツで行なわれていたDTM(ドイツ・ツーリングカー選手権)への参戦だろう。セダンが減っている今では少々死語になりかけているが、4枚ドアの車両を使った、いわゆる箱車のレースで、ここにアルファロメオは155 V6 Tiを送り込んだ。アルファロメオは155 V6 Ti

 ライバルはメルセデスベンツ190EエボIIやBMW M3、アウディV8クワトロ、オペルカリブラV6などそうそうたるメンバーで、内容もF1に近いものとされ、これらが時にはボディを激しくぶつけながら戦うレースシーンは面白くないワケがなかった。そのほか、イギリスではBTCCが開催されていたし、日本でもこれらの人気を受けてJTCCが開催された。もちろんBTCCやJTCCにも155は参戦している。ドイツ・ツーリングカー選手権

画像ギャラリー