21年落ちなのに新車価格越え! Z32フェアレディZが何故今注目されるのか (1/2ページ)

21年落ちなのに新車価格越え! Z32フェアレディZが何故今注目されるのか

Z32にはオンリーワンの魅力が多い

 バブル経済真っ盛りの1989年に登場したZ32型・4代目日産フェアレディZ。2000年まで生産が続けられ、現行Z34型(6代目)に次ぐ長寿モデルとなったこのZ32は、程度の良いターボMT車であれば中古車の相場が新車価格並みにまで上昇している。そんなZ32の何がクルマ好きを魅了するのだろうか?

 その答えは、幾万の言葉よりもずっと雄弁に、一枚の写真が語ってくれるだろう。発売から32年が経過した今見てもなお斬新かつ色あせない、このエクステリアにある。

【関連記事】スカイラインGT-Rオーナーに人気の足まわり&タイヤは? アンケート調査でわかった「人気ブランド」とは

6代目のフェアレディZ32画像はこちら

フェアレディZの中で唯一のスラントノーズ

 歴代フェアレディZは初代S30型から現行Z34型までロングノーズ・ショートデッキの、FRスポーツカーの文法通りと言うべきプロポーションを採用してきた。ただしこのZ32だけは唯一の例外で、従来とは真逆のワイド&ローのプロポーションと低く短いフロントフード、60度の超スラントヘッドランプなど、ミッドシップスポーツカーと見紛うばかりのデザインが与えられた。

【関連記事】スカイラインGT-Rオーナーに人気の足まわり&タイヤは? アンケート調査でわかった「人気ブランド」とは

歴代フェアレディZ画像はこちら

ヘッドランプはスーパーカーにも流用された

 なお、このヘッドランプはのちに、日産R390ロードカーやランボルギーニ・ディアブロの後期モデルに採用されている。かたやル・マン参戦マシン、かたやイタリアを代表するスーパースポーツだが、いずれもミッドシップカーだったというのも、いかにZ32のスタイルがミッドシップスポーツカー(スーパーカー)的だったかをうかがわせる逸話だろう。フェアレディZのヘッドライト画像はこちら

画像ギャラリー