自分好みのアバルトを手に入れる最後のチャンス! 世界に1台だけの595をオーダーできる「Make-Your-Scorpion」開始

自分好みのアバルトを手に入れる最後のチャンス! 世界に1台だけの595をオーダーできる「Make-Your-Scorpion」開始

自分だけの1台を創り上げることが可能!

 フィアットやアルファロメオ、ジープなどのインポーターを務めるFCAジャパンは、アバルト595シリーズを対象に自分だけの1台を作り上げることができるカスタマイズプログラム「Make-Your-Scorpion(メイク・ユア・スコーピオン)」を展開する。期間は、4月13日から5月31日までの限定となっている。

 ベースとなるのは595、595ツーリズモ、595Cツーリズモ、595コンペティツィオーネの4台で、車両本体価格に11万円(税込)の別途カスタマイズ費用を追加するのみで自分好みのオリジナルアバルトを創り上げることが可能。

新色マットブルーが追加

「メイク・ユア・スコーピオン」では、カタログに設定のない特別なボディカラーを設定。また、今回は、新色マットブルーが追加されていることもトピックスだ。選択できるボディカラーは、「595」が通常の3種類から8種類、「595 ツーリズモ」は4種類から9種類、595C ツーリズモは5種類から8種類、595 コンペティツィオーネは5種類から14種類へとそれぞれ選択肢が大幅に拡大。モデルによりビコローレ(2トーンカラー)のほか、ブラックトップも選ぶことができる。なお、有償色を選択した場合は通常同様、別途その費用がかかるので注意してほしい。

【関連記事】これが最後のGT-Rか? 8月発表「2022年モデル」の詳細は? 価格も大胆予想!

アバルト595のに設定されたマットブルー画像はこちら

 インテリアのカラーも595ツーリズモではブラウン・レザーとブラック・レザーの2色。コンペテツィオーネからはサベルト製のスポーツシートにブラウン・レザー、ブラック・レザーのそれぞれにアルカンターラをコンビネーションした2色から選ぶことができる。

 またブレーキキャリパーは595を除く、595ツーリズモ、595Cツーリズモにブラック・イエロー・レッドの3色、コンペテツィオーネでは、グレー・イエロー・レッドの3色が選べる。そしてまたソフトトップを採用する595C ツーリズモは、ブラックとグレーの2色が用意されている。なお、ブレーキキャリパーの色を変更した場合、それに応じたホイールのセンターハブキャップの色も変わるため注意してほしい。カスタマイズプログラム「Make-Your-Scorpion(メイク・ユア・スコーピオン)」で仕上げた1台画像はこちら さらにデカールやミラーキャップ、サイドストライプ、LEDフロアバルブなどの純正アクセサリーを含めると、合計1万4000通りの組み合わせが可能。同じクルマは2台とない、オンリーワンなアバルトに乗りたい方は必見のプログラムとなっているのは間違いない。

画像ギャラリー