「在庫のみ」だから買うなら速攻! ロードスターの「楽しさ」にサソリの「毒」が入ったアバルト124スパイダー (1/2ページ)

「在庫のみ」だから買うなら速攻! ロードスターの「楽しさ」にサソリの「毒」が入ったアバルト124スパイダー

アバルトブランドだがマツダが生産供給

 日本ではフィアットのスポーツブランドであるアバルトで販売されている「124スパイダー」。すでに生産は終了しており、現在新車が買えるのは在庫のみとなっている。特異な存在でもあっただけに、これを機に124スパイダーというクルマを振り返ってみよう。

イタリアンパッションとロードスターがスポーツカーで意気投合

 1970年代まで、フィアットにはCセグメントに属する「124」というFRの実用車があった。4ドアセダンでスタートした124は、その後ステーションワゴンなどのバリエーションが追加されいくが、そのオープンボディタイプが124スパイダーの初代モデルである。

【関連記事】これが最後のGT-Rか? 8月発表「2022年モデル」の詳細は? 価格も大胆予想!

初代124スパイダー画像はこちら

 124スパイダーは1985年まで生産され絶版となるのだが2013年、「2015年からマツダがロードスターをベースとした後輪駆動のオープンカーをフィアットグループに供給する」という提携が結ばれ、そういった背景から生まれたのが現在の124スパイダーである。アバルト124スパイダー画像はこちら

 なおこの提携は当初マツダからアルファロメオへの供給というものだったが、供給先はアバルトを含むフィアットに変更された。124スパイダーとロードスターRF画像はこちら

 現在の124スパイダーは現行ロードスターをベースに初代124スパイダーを思い出せるエクステリアとしている。エンジンもまた、フィアット製の1.4リッターターボにするなどした成り立ちであり、これはBMW Z4とトヨタスープラの現行モデルの関係に近いと言えるかもしれない。フィアット124スパイダー画像はこちら

 海外向けの124スパイダーにはスタンダードなフィアット版と、よりスポーティなアバルト版のふたつがあるが、日本で販売されたのはアバルト版のみである。

画像ギャラリー