「メーカーワークス」の記事一覧

さらに車種で絞り込む:

トヨタの秘蔵っ子「GRヤリス」世界戦実戦デビューに向けた興味津々の足跡を辿る

WRC投入ベースモデルのGRヤリス登場まで ヴィッツがフルモデルチェンジし、新生「ヤリス」として登場。海外市場向けのモデルと共通の名前を与えたことで、文字通り“世界戦略車”としてトップセラーへの新たな一歩を踏み出すことに...

続きを読む...

日産のハイト系軽自動車が「ルークス」に改名!スーツケース4個を同時に積載できる荷室を実現

大人4人が余裕で乗れる広大なキャビン 日産は、2月25日、新型「日産ルークス」を発表。車名は、従来の「日産デイズ ルークス」から「日産ルークス」へと変更され3月19日より全国一斉発売する。その「日産デイズ ルークス」で好...

続きを読む...

「やっちゃった、日産」業績悪化の異変はゴーン追放が原因なのか

「負の遺産」を抱えて正念場を迎えた日産 日産自動車の経営状況がよくない。2019年度第3四半期の決算を見ると、売上高は7兆5073億円と前年同時期(2018年度第3四半期)比でマイナス12.5%でしかないが、営業利益はじ...

続きを読む...

マツダ・スズキ・ダイハツに聞いた!「超イケてる」オススメのオリジナルグッズは?

大阪オートメッセで披露された厳選16アイテム「大阪オートメッセ2020」では、数多くの自動車メーカーが出展。コンセプトカーから最新モデルまで、数多くの展示車両が並べられたが、クルマだけでなくオリジナルグッズも多くの注目を...

続きを読む...

自動ブレーキの過信は禁物! 知らないと大事故になる「作動しない」5つのケース

衝突被害軽減ブレーキは万能ではない 衝突被害軽減ブレーキ、俗に言う自動ブレーキは、実は必ずしも万能ではないことをご存じだろうか。メーカーや車種毎のシステムによって多少違いはあるが、なかには常に「作動するとは限らない」も…

続きを読む...

「アイドリングストップ」は本当にエコ? 走行距離や乗り方、コストで変わるデメリットとは

市街地での恩恵や車両価格差をどう考えるか いまや当たり前の装備なってきた「アイドリングストップ」。信号待ちなどで自動的にエンジンを停止、発進時にブレーキから足を離したり、アクセルを操作すると、プルンと再始動して違和感な…

続きを読む...

1 / 62123...102030...»