「メーカーワークス」の記事一覧

さらに車種で絞り込む:

2021年4月から厳格化! クルマのナンバープレート位置を動かすと違反に繋がる

移設や取り付け角度が厳しくなる 2016年2月に国土交通省が発表した自動車・バイクのナンバープレートに関する規定(道路交通法)。同年4月より「車のナンバープレートは見やすく表示」と称し、ナンバープレートカバーが禁止された...

続きを読む...

話題のジムニーや先代センチュリーがモデル化! 最新ホビーアイテム事情

先代センチュリーは500台限定モデル CMの名コピーで有名なヴォクシーとスペーシアギアのディスプレイモデル登場。アオシマの「色替えバージョン」に人気車ジムニーと懐かしのモトコンポ。ファミリアバンの組み立てプラモデルは、も...

続きを読む...

デキのいいだけのセダンになってもダメ!「 スカイライン」ブランドが凋落した理由

スカイラインらしさがなくなった 7月16日、「新型スカイライン 高速道路で“手放し運転”が可能、プロパイロット2.0搭載」といった記事が新聞などに多数掲載されていた。年季の入った日産スカイライン・ファンに言わせれば「スカ...

続きを読む...

【W140型 Sクラス】圧倒的な存在感で世界をリードしたメルセデス・ベンツのフラッグシップ

バブル末期の日本で評価された第三世代 メルセデス・ベンツは、創始者ゴットリーブ・ダイムラーとカール・ベンツによって造られ、2人の信念は今日のメルセデス・ベンツ車造りに脈々として受け継がれている。 ゴットリーブ・ダイムラー…

続きを読む...

モーターは低回転から最大トルクを発生!それでも電動車が暴走しない理由とは

モーターに流す電気量でモーター出力を制御 東京・池袋でハイブリッドカーが起こした痛ましい事故などをきっかけに、電動車を危険視する記事もあるようだ。そこではモーターに電気が流れたときから最大トルクを発生するという特性を指…

続きを読む...

新手の自動車盗難「リレーアタック」の仕組みとオススメの対処法4つ

1万円以下でできる自動車盗対策 増加している新手の自動車盗、リレーアタック。スマートキーの電波をジャックすることで車両盗難するという悪質な行為で、自宅はもちろん、出先の駐車場などでも被害に遭う可能性がある。そのようなリレ…

続きを読む...

【海外試乗】なぜ日本で販売しない? マツダ・ロードスター最強2リッター仕様の骨太な走り味

軽快感の代わりに速さと扱いやすさを両立 日本において、マツダ・ロードスターのソフトトップ仕様のエンジン排気量といえば1.5リッターだ。しかし、海外に目を向けてみるとよりパワフルな2リッターエンジンを積んだモデルも存在する...

続きを読む...

冠水した道路に遭遇! ドライバーが知っておきたい3つの心得

冠水した道を避けるのが基本 台風シーズンが到来、またゲリラ豪雨なども増えてくる季節です。道路というのは水が溜まらないような排水性も考慮して作られていますが、大雨になってその能力を超えてしまうと水が溜まってしまうことがあ…

続きを読む...

1 / 34123...102030...»