クルマ好き女子は「中身」を重視! 個性的過ぎる最新キャンピングカー3選 (1/2ページ)

クルマ好き女子は「中身」を重視! 個性的過ぎる最新キャンピングカー3選

クルマ好き女子が最新キャンパー中からお気に入りの3台をチョイス

 2021年4月2日〜4日の3日間、幕張メッセで開催されたジャパンキャンピングカーショー2021が大盛況でした。コロナ禍で、ソーシャルディスタンスを保ちながら楽しめるアクティビティとしてキャンプ人気が急激に高まっていますが、キャンピングカーは普通のキャンプと違い、テントを張る手間もなく、「家」のように快適に過ごせるのが魅力のひとつです。

【関連記事】夏キャンプの睡眠環境が劇的改善! とっても重宝する簡易ベッド「コット」の賢い選び方

ジャパンキャンピングカーショー2021で見つけたデコキャン3台画像はこちら 会場には、家族連れやセカンドライフを楽しむシニア層まで世代を超えてたくさんの人で賑わっていました。近年では、大切な家族の一員でもあるペットと旅をしたいというユーザーが増えていることもあり、 さまざまなルールとマナーの遵守が求められますがペット同伴の入場がOKであることも来場者の増加につながっているのかもしれません。

 もちろん、一番の魅力はビルダーさんが丹精込めて製作した最新のキャンピングカーの車内に乗り込んで居住性の良さなどを体験できること。ジャパンキャンピングカーショー2021で見つけたデコキャン3台画像はこちら そして展示車を見て気に入ったら、その場で見積もりや注文することも可能で、なかにはすでに成約済みのプレートが掲げられたモデルもありました。そのなかで、クルマ好き女子(愛車はカスタムしたスバルWRX S4です♪)の私が、女の子目線でクルマ旅に出かけたいキャンピングカー3台をチェックしました!

アパレルブランドとコラボした「GMLVAN V-01JSF」

 まずは、GORDON MILLER MOTORS for journal standard Furniture(ゴードンミラー ジャーナルスタンダードファーニチャー)のGMLVAN V-01JSF(価格550〜640万2000円※税抜)です。

 インテリアを見て、つい「オシャレ!」と声が漏れてしまいました。それもそのはずで、アパレルを展開するJOURNAL STANDARDが手がけるインテリア事業とのコラボモデルなんです。

【関連記事】夏キャンプの睡眠環境が劇的改善! とっても重宝する簡易ベッド「コット」の賢い選び方

ジャパンキャンピングカーショー2021で見つけたデコキャン3台画像はこちら 自宅よりも居心地が良くて? インスタ映えしそうな空間に思わずうっとり。シートに用いられたチェック柄は80年代のアメリカ映画をイメージして作られたもので、付属のクッションもお揃いの柄です。カーテンはデニムを使用していて、コーディネートセンスの良さも抜群です。車内の天井やサイドに使用される木材は、家具に用いられるナチュラルウッドのオークを採用していて、木の温もりを感じられるような暖かい空間が演出されていました。ジャパンキャンピングカーショー2021で見つけたデコキャン3台画像はこちら さらに標準装備のプロジェクタースクリーンをセットすれば、キャンプしながら映画館のような迫力ある映像が楽しめます(プロジェクターは自身での用意が必要)。スクリーンの大きさは何と! 50インチ。大自然のなかで過ごす贅沢なひとときが実現できるのは言うまでもありませんね。

画像ギャラリー