「自分勝手な行動」は厳禁! オートキャンプで守るべき最低限の「ルールとマナー」7つの鉄則 (1/2ページ)

「自分勝手な行動」は厳禁! オートキャンプで守るべき最低限の「ルールとマナー」7つの鉄則

これだけは押さえたい最低限の「ルール」と「マナー」

  コロナ禍の影響もあり、ソーシャルディスタンスが保ちやすいオートキャンプに注目が集まっている。家族だけで楽しめるのはうれしいが、離れた場所には別のオートキャンパーたちがいることを忘れてはいけない。騒音や身勝手な振る舞いはもってのほか。みんなが気持ちよく大自然を楽しむためにはどのような行動を取るべきか。初めてのオートキャンプでもひんしゅくを買わないよう基本的なルールとマナーについて学びたい。

【Q1】他のキャンパーとどう接すればいいですか?

【A】挨拶を欠かさず、迷惑をかけないようにしましょう

 同じ敷地内で何組かのグループが共存するキャンプ生活では自分勝手な行動は許されません。キャンプ場が定めたルールに従い、マナーの遵守が求められます。とはいえ、特別なことは不要です。周辺のサイトの人、グループへの挨拶を欠かさず、迷惑をかけなければいい、それだけなのです。

【関連記事】夏キャンプの睡眠環境が劇的改善! とっても重宝する簡易ベッド「コット」の賢い選び方

オートキャンプの際に気を付けるべきルールとマナー講座画像はこちら トイレやシャワー室は、次に使う人のことも考えて汚さずに使い、炊事場もシンクを使ったあとに軽く拭き掃除をしておきたいもの。普段から公共施設を利用する際に気にかけているマナーを実践していればなにも問題はありません。

 

【Q2】場内はクルマで自由に移動できるんですよね?

【A】すぐに止まれる速度を必ず守ってください

 ここ最近、オートキャンプ場ゆえのアクシデントが報告されています。場内の事故です。クルマ同士の衝突・接触のほか、人身事故が多発しています。

 割り当てられたサイトにクルマで向かう際、すべてのキャンプ場で徐行(すぐに止まれる速度。10km/h未満)が促されていますが、守れている人は少数。場所に迷うなど前方への注意が疎かになっている人も多いようです。焦らず冷静に、街中以上に気を付けた運転を心がけましょう。オートキャンプの際に気を付けるべきルールとマナー講座画像はこちら すべての責任は運転者にありますが、歩行者も十分な注意をしておきたいものです。とくに小さな子供。ただでさえ注意力が散漫なところに開放的な気分が加わって、周りのクルマの存在を忘れてしまっていることがあります。

 確かに保護者(親)は設営や食事の仕度などで忙しいかもしれません。しかし、お子さんから絶対に目を離してはいけません。あらかじめ夫婦で役割分担を決めるなどして、お子さんが勝手に動き回るなどしないよう、常に監視を怠らないようにしましょう。

 

【Q3】夜間に注意することは? 

【A】「他人の睡眠を妨げない」ことが鉄則です

 まず、初心者がうっかり犯しやすいのが、他人の区画に足を踏み入れたり、横切るなどの迷惑行為です。夜間にトイレに行くなど、周囲が見えにくい状況でやってしまうことが多く、テントを固定するためのロープに足を引っ掛けたりすることもあり、これは明るいうちに他の区画との境界を確認しておくことで防げます。オートキャンプの際に気を付けるべきルールとマナー講座画像はこちら キャンプは早寝早起きが基本。消灯は21~22時というところがほとんどです。場所によっては、登山などで早朝に出発する人もいるかもしれません。ちょっとした物音や光も睡眠の妨げになるので注意が必要です。

 消灯時間が過ぎての不要不急のクルマ移動は厳禁。闇と静寂に包まれるキャンプ場内は、ヘッドライトの光が周囲を煌煌と照らし、ドアを開け閉めする際のわずかな音も響き渡ります。

 極めつけなのが、お酒の勢いも手伝っての大声をあげて深夜まで騒ぐマナー違反。音響機器のスイッチを切らない、ボリュームを絞らないなどもしかり。周囲の利用者とトラブルになって出入り禁止になる人、グループも少なくないようです。

 また残念ながらキャンプ場でも盗難は無縁ではありません。一部のキャンプ場では防犯カメラも設置されていますが、夜間に限らずクルマを離れる際は施錠を忘れずに!

画像ギャラリー