限定車だったのに1台しか売れず! 所有していたら国宝級の「国産名車」6選 (2/2ページ)

noteで書く

マツダ・ロードスター25周年記念車:限定25台(国内)

 2014年、3代目ロードスターのRS RHTをベースにソウルレッドプレミアムメタリックの外装色、オフホワイトのインテリアに加え、バランス取りされたエンジンを搭載した限定モデル。世界限定1000台のうち、日本割り当て分は25周年にちなんでたったの25台。Webで先行予約受付を行なったが、予約開始わずか数分で売り切ったという逸話を持つ。NC型最後の限定モデルだった。

【関連記事】異常な旧車の中古価格高騰! ブームに乗って暗躍する「怪しいブローカー」の存在

マツダ・ロードスター25周年記念車画像はこちら

NISMO R34GT-R Z-tune:限定20台

 2002年、日産R34スカイラインGT-Rの生産が終了。2005年にニスモからリリースされたのがニスモR34GT-R Z-tuneだ。走行距離3万km以下の中古車をベースに、車体を分解しボディ補強などを施しながらハンドメイドで組み立てられた。専用チューニングが施された2.8Lエンジンを搭載していた。NISMO R34GT-R Z Tune画像はこちら

 19台が製作されたと言われているが、中古車市場では滅多に見かけたことがない。その後ニスモよりZ Tune仕様のバンパーとフェンダー、ボンネットが市販されており「Z-Tune」仕様は定番で、R34オーナーにとっては人気のカスタマイズと言えるだろう。

ホンダNSXタイプR GT:限定5台だったけど……

 NSX-R GTは全日本GT選手権(当時)での戦闘力向上のために必要な外装パーツを装着したホモロゲーション取得モデル(価格は税込5000万円)。リヤハッチガーニッシュ、カーボンフロントロアスカート、カーボンリヤロアスカート、カラードサイドエアインテーク、フルスケールメーター、ABSが標準装備とされた。希少な国産限定車の紹介画像はこちら
 2005年2月22日〜3月22日のオーダー期間が設定され5台限定。オフィシャルのプライスリストには「販売台数を満たしたら、オーダー期間内でも販売を終了致します」と書いてあったが、ホンダはすぐに売れると思ったのだろうか。実際売れたのはたったの1台。いくら限定モデルとはいえ、5000万円はいくらなんでも高すぎた、ということだ。希少な国産限定車の紹介画像はこちら

 上記プライスリストには「NSXタイプR GTは特別専用設計上、1.アプローチアングル不足によるロアスカート破損・損傷の恐れがあります。2.牽引フックの設定はございません」とも書いてあった。横からみれば「そりゃそうだよな」という出っ歯形状ではある。また、前述の「リヤハッチガーニッシュ」とはエンジンのエアインテークダクトのことを指すが、実際にはエンジンと繋がっていないことが写真からもわかる。だから、ガーニッシュということか……。

 ちなみにホンダでは、世界で1台しか存在しないこの車両のために、カーボンバンパー製作用の型を残しているという。買った人もすごいが売ったホンダもすごい。まさに空前絶後、いろいろな意味でもう二度と出てこないモデルと言える。

noteで書く

画像ギャラリー