スバリストにお馴染みの「プロドライブ」! レース業界の「優勝請負集団」サクセス秘話 (1/2ページ)

スバリストにお馴染みの「プロドライブ」! レース業界の「優勝請負集団」サクセス秘話

モータースポーツ活動事業の成就請け負い集団

 プロドライブという名を聞くと、スバルのWRC参戦時代を想起させるクルマ好きも多いのではないだろうか?しかしレーシング現場を取り仕切り世界最高峰にのし上げてゆく遂行能力は、スバルばかりではなくフォード、ルノー、BMW、アストンマーチン、と驚くほど多くの自動車メーカーのワークス活動に展開されてきてもいる。プロドライブとは何か、枚挙にいとまがないだけに一面だけでもお伝えしよう。スバルの初代インプレッサを95年からWRC3年連続チャンピオンに導いたプロドライブはイギリスのレーシングカーコンストラクター

WRCチャンピオンのコ・ドライバーのリチャーズ氏が設立

 イギリスオックスフォード州バンブリーに拠点を構えるプロドライブ社は、ラリードライバーのアリ・バタネン(マシンはフォード・エスコートRS1800)とタッグを組み、コ・ドライバーとして1981年にWRCチャンピオンに輝いたデビッド・リチャーズ氏が、1984年に開設した小さなワークショップが起源だ。ラリードライバー、バタネン、マクレー、アレンに囲まれたリチャーズ氏(右から二人目) わずか4人でスタートしたプロドライブは、5度にわたるWRCチャンピオン(マニュファクチャラーズチャンピオン3回、ドライバーチャンピオン2回)、さらにBTCCチャンピオンを5回獲得するなど、ラリーフィールドだけでなく、サーキットレースにも精通する高い技術力を有する。現在ではラリーやレースを通じて得たノウハウをベースに、モータースポーツ界以外の自動車業界にも参入している。

 主力となるモータースポーツ活動では、エンジンやトランスミッション、シャーシなど、競技用車両のトータルプロデュース、製作、研究開発をおこなう。特にスバルと共に初代インプレッサで参戦したWRCでは1995、96、97年と3年連続でマニュファクチャラーチャンピオンを獲得したことが有名だ。95、96、97年とWRCチャンピオンに輝くスバル・インプレッサ

 ほかにも前述のBTCC(イギリスツーリングカー選手権)にてBMW M3で参戦しチャンピオンを獲得。ほかにもWEC(世界耐久選手権)や世界ラリークロス選手権のオペレーションを担うなど最高峰のモータースポーツの世界で活躍を続けている。

 こうしたモータースポーツで得たノウハウをベースにオリジナルのストリート用パーツのほか、わずか6.9kgの軽量折り畳み自転車や、電動化を見据えたフォードトランジットバンをベースとしたハイブリッド救急車の開発など幅広いニーズに応えるグローバル企業として注目されている。

画像ギャラリー