先輩キャンパーも「目から鱗が落ちた」! 電化製品をフル活用する「電気キャンプ」のススメ (1/2ページ)

先輩キャンパーも「目から鱗が落ちた」! 電化製品をフル活用する「電気キャンプ」のススメ

快適で臭くない! 電気キャンプは快適至極だったのだが……

 いま流行りのポータブル電源の記事を担当して、電気を使った車中泊キャンプを味わったボクは以前までの原始的なキャンプとは違った「快適さ」を痛感させられた。ポータブル電源が普及しつつある現在、電化製品を使ったキャンプはスタンダードなスタイルになるのだろうか?

【関連記事】キャンピングカーをDIYで自作できる!? 「バンライフ」のためのシェアガレージ「Mobi Lab.」とは

ポータブル電源を使った快適電気キャンプ画像はこちら

キャンプスタイルも新時代に突入! 不自由から快適さを楽しむ

 前述した車中泊キャンプ取材で、いま話題のポータブル電源を使ったボクは「目からウロコが落ちる」体験をした。そもそもキャンプは不自由を楽しむものとされてきたが、最近ではゴージャスな「グランピング」や贅沢な「サウナテント」などにも注目が集まり、新たな時代を迎えている。

【関連記事】キャンピングカーをDIYで自作できる!? 「バンライフ」のためのシェアガレージ「Mobi Lab.」とは

ポータブル電源を使った快適電気キャンプ画像はこちら 遊びや娯楽の延長として楽しむキャンプは「趣味性」が優先されるべきであるため、クラシックスタイルを愛する人たちはもちろん、楽してアウトドアの魅力を享受する最新スタイルを否定するつもりは毛頭ない。ポータブル電源を使った快適電気キャンプ画像はこちら しかし、時代はつねに変化を求め、自動車の世界でも化石燃料を使った内燃機関はいつの間にかHV(ハイブリッドカー)やEV(エレクトリックビークル)、PHV(ブラグイン・ハイブリッドカー)と呼ばれるエコカーへとスイッチされつつある。また音楽シーンではCDからストリーミングへと移行し、情報発信の要であったテレビはインターネットを介した配信やYouTubeに押されている現在、キャンプも新たな時代を迎えていることは間違いない。

ポータブル電源を使えばワーケーションも自由自在

 そもそも「ポータブル電源」とはなにか……という疑問だが、早い話が「大容量のモバイルバッテリー」のようなものであり、持ち運びができる電源を使ってキャンプ(野外)や車中泊で電化製品が使えるのが大きな魅力。現代人にとってパーソナルな「電源」を持つことは重要な意味を持ち、どんな僻地でも文化的な生活が送れるのである。ポータブル電源を使った快適電気キャンプ画像はこちら

 ポータブル電源を持参し、Wi-Fiが届く場所であればどんな山奥のキャンプ場でもリモートワークが可能だし、昨今のコロナ禍では人との接触を避けて人気の少ない場所で仕事に勤しむことができるということだ。