キャンプで使った「寝袋」手入れしないとどうなる? 意外と知らない「お手入れ」の方法とは (1/2ページ)

キャンプで使った「寝袋」手入れしないとどうなる? 意外と知らない「お手入れ」の方法とは

年に数回の使用なら寝袋は洗わなくてもOK!

 キャンプで毎回、快眠をサポートしてくれる「寝袋」。使えばそれなりに汗もかくし、1シーズンに1度は洗濯しなければならないのか? そんな疑問を持っている人もいると思います。確かに使い込んでくれば、洗濯をしなければならなくなると思いますが、どれくらいの頻度で洗濯すればいいのでしょう?

 寝袋を洗濯する回数は、30~50泊したら1回という目安があります。これに当てはめて考えると、年に3回、1泊程度しかキャンプをしない人なら、10年以上洗濯しなくてもOKということになります。このくらいのペースでキャンプを楽しむ人のなかには、寝袋を洗濯しないという人もたくさんいます。

【関連記事】キャンプ初心者必読!「映える」サイト作りは「自宅のリビング」を参考にせよ

寝袋はどのぐらいの頻度で洗うべきか考えてみた画像はこちら でもこれは、日ごろのメンテナンスをきちんとしていればの話。使ったら使いっぱなしでは、カビや臭いの元になってしまうだけでなく、寝袋本来の性能も発揮できなくなってしまいます。

 では、どのようにメンテナンスをすればいいのでしょう? ここでは誰でも気軽にできるメンテナンス方法を紹介していきましょう。

干してから収納するのが基本

 人は寝ているあいだにコップ1杯ほどの汗をかくと言われています。とくに暑い夏の夜は、その倍以上も汗をかくそうです。そんな汗を含んだ寝袋をそのままにして収納してしまうと、カビや臭いの原因になります。

 キャンプの撤収時、寝袋を収納する前に必ず干すようにしましょう。湿気をきちんと取り除けば、寝袋の長持ちさせることができます。

【関連記事】キャンプ初心者必読!「映える」サイト作りは「自宅のリビング」を参考にせよ

寝袋を干している様子画像はこちら 寝袋を干す際にハンモックやコットがあると、簡単に干すことができます。なければテーブルやクルマのドアなどに掛けて干すのもいいでしょう。

画像ギャラリー