「センチュリー」「ランボルギーニ」が「着地」! 東北発「どシャコタン」だらけのミーティング潜入レポ (2/2ページ)

アル&ヴェルが人気のミニバンと多様化が進むKカー

 セダン同様に人気のベース車がミニバンと軽自動車だ。なかでもアルファード&ヴェルファイアは大人気で、ワンメイクのオフ会なども全国各地で積極的に開催されている。参加していた同車種のスタイリングは、東北・北海道地方でとくに人気のシンプル系がほとんど。奇をてらった分かりやすいカスタマイズというよりは、そこはかとなく漂う高級感や威圧感をアピールする。

【関連記事】映り込む銀色! レクサス純正色「銀影ラスター」でホンダ「ステップワゴン」を全塗装するとどうなる?

シンプル仕様のトヨタ・アルファード画像はこちら いっぽうの軽自動車。数年前まではワゴンRとムーヴが2大人気ベース車ではあったが、最近はベース車の多様化が進んでいる模様。紹介するハスラーだが、以前まではタントカスタムに乗っていたオーナーが乗り換えてこのミーティングに参加したという。ローダウンしたスズキ・ハスラー画像はこちら タントもハスラーも同じホイール「JRD RD-M9」を履かせてローダウンしているが、やはり雰囲気は全然違う。JRD RD-M9画像はこちら

なんとランボルギーニまで降臨!

 今回のミーティングで印象的だったのがスポーツカーの多さ。というのも、この手の集まりになるとセダンとミニバン、軽自動車でほとんどの台数を占めることが多いのだが、かつ久々の集まりということもあってか86やスカイラインGT-R、スープラにランエボといった車種も会場で多く見られた。GT-Rとスープラ画像はこちら なかでもトヨタ86はカスタムの度合いが一番強め。86もワンメイクのミーティングがお盛んだが、純正派とカスタマイズ派で分かれるジャンル。最近はビス留めオーバーフェンダーやガルウイング化をした車両も多くみられ、ベース車としての人気も高い1台だ。カスタムしたトヨタ86画像はこちら スポーツカーもさまざまな車種が集まり見応え十分だったが、そのなかでもひときわ特別なオーラを放っていたのがランボルギーニ・ディアブロ。ランボルギーニ・ディアブロ画像はこちら ボトム部分やマフラー交換といったライトなカスタムながら、いるだけで漂う存在感はまさにキング・オブ・スーパーカーといった風格。ランボルギーニ・ディアブロのリヤビュー画像はこちら ほかにホンダNSXもいたりと、とにかく多彩な車種ラインアップで見ているだけで楽しいミーティング。第2回も状況が許される限りは開催の予定とのことなので、気になった方は是非とも足を運んでみてほしい。