あなたの「洗車の仕方」ぶっちゃけ間違ってます! 愛車を傷つけないための「賢い洗車テクニック」6選 (1/2ページ)

あなたの「洗車の仕方」ぶっちゃけ間違ってます! 愛車を傷つけないための「賢い洗車テクニック」6選

この記事をまとめると

  • いつもの洗車方法が愛車を傷つけている可能性あり
  • ワンポイントを気をつけるだけで仕上がりが異なる
  • 気をつけるべき6つのポイントを紹介

いつもの洗車が愛車を傷つけているかも!?

 洗車というのは不思議なもので、みんながするけど、誰に教えてもらったわけでもなく自己流が多かったりする。洗車好きの方なら、ノウハウ本やネット、自動車雑誌の企画などを参考にして上手なやり方に注意を払っているかもしれないが、大多数はなんとなくザッとやっているというのが正解だろう。

 もちろん自分のクルマなので他人からとやかく言われたくないと思うかもしれないが、とはいえ、どうせやるならきれいにしてやりたいし、逆効果なことは避けたい。今回はきれいにしているつもりがキズを作ってしまわないよう、注意点を紹介していこう。

注意点1:いきなり洗ってしまうのはNG

 いきなりシャンプーをかけて、スポンジでゴシゴシと洗うというのはやりがち。一見すると、それ以外に方法はないと思ってしまうが、なにもしていないボディというのはホコリや砂が乗っていて、これらがキズの原因となる。触れる前にできるだけ流しておくのがキズを少しでも防ぐための基本だ。ベストはバケツに作ったシャンプー水をボディ全体にかけてやるという方法。少なくとも、水で全体を流してから洗ってやろう。

【関連記事】日本で終了のWRX STIの新車がアメリカではまだ売ってる! 国内ファンが泣きたくなる現実の裏にあるものとは

いきなり洗うイメージ画像はこちら

注意点2:スポンジはマメにモミモミ

 シャンプーをかけるとき、スポンジを使うのは当然。ただ必死になってやるあまり、シャンプー水をボディに補充するためにスポンジですくったとしても、スポンジに取り込んだゴミや汚れをもみ出すのを忘れていることがある。こまめにバケツの中でもんでやることによって、キズの原因となる砂やホコリをスポンジから排出することができる。また泡を切らさないことも大切で、泡が塗装とスポンジの間に入ってクッションの役割をして、キズを防止してくれる。

スポンジモミモミのイメージ画像はこちら

注意点3:上から下へ、そしてホイールへ

 得てして、見えたところから始めてしまうのが洗車だ。ボンネットから始めて、ドアのあたりに行くのがよくある流れだろうか。もちろん正しい順番があって、シャンプーの場合は上から下へが基本。つまり汚れを上から流すようにしてやる。逆は汚れの再付着もあるし、服が濡れたりもする。

屋根を洗うイメージ画像はこちら

 またキズ防止という点では、サイドにあるプレスラインから下はとくに汚れている部分なので、最後に洗うのはもちろん、できるならスポンジを変えてやりたい。ブレーキダストが付いているホイールは最後に洗うこと。

ホイール洗いのイメージ画像はこちら

画像ギャラリー