データシステムの注目アイテムを一挙公開! バーチャルブースをホームページで公開中

データシステムの注目アイテムを一挙公開! バーチャルブースをホームページで公開中

この記事をまとめると

  • 数多くのアイテムを手掛ける「データシステム」
  • 2022年も新製品などが続々登場
  • 最新作を紹介した特設サイトを開設中

イベント会場を思わせる雰囲気を味わえる!

 カーライフを豊かにするさまざまなアイテムを手掛けるデータシステム。同社の気になる新製品や現在開発中のアイテム、そして人気商品を見ることができる特設ウェブサイトを公開した。

 データシステムとしては、先日開催された東京オートサロン2022、そして2月に開催予定の大阪オートメッセ2022への出展しないことに。その代わりに、例年のブースをイメージし、さまざまなアイテムをオンライン上で体験できるような内容となっている。

 掲載されているアイテムは、開発中という「ルームミラー型ドライブレコーダー DVR3300M」をはじめ、前後の様子を録画できる「2カメラ ドライブレコーダー DVR3200」、4Kの高画質で映像を記録する「超高精細4Kドライブレコーダー DVR3400」。さらに、急発進を抑制できる人気アイテム「アクセル見守り隊(R)SAG297」、「ペダルの見張り番II AWD-01(オートバックス専売品)」を掲載。

 加えて、搭載車種が増えているトヨタディスプレイオーディオに外部入力端子を追加できる「ビデオ入力キット forトヨタディスプレイオーディオ」、市販カーナビに全周囲カメラ映像を映し出せる「カメラ接続アダプター」、人気のジムニー専用アイテムなど、気になる製品が目白押しだ。

 東京オートサロンは昨年オンラインでの開催となり、今年は久しぶりのリアル開催となった。それでも不安などから来場を控えたというクルマ好きの方も多いだろう。こうしたオートサロンのブースの雰囲気を感じられる特設サイトにて、新製品を見られるのはありがたい。ぜひ、アクセスしてみてほしい。

【データシステム 2022 NEW PARTS LINEUP】
https://www.datasystem.co.jp/vr/index.html

画像ギャラリー