食材を載せた木の板ごと焼く超絶豪快料理! 「ウッドプランク」が映えすぎて笑う (1/2ページ)

食材を載せた木の板ごと焼く超絶豪快料理! 「ウッドプランク」が映えすぎて笑う

この記事をまとめると

  • 杉の板に食材を載せて火にかける調理法「ウッドプランク」
  • しっとりと火が通って木の香りも加わり独特の美味しさ
  • 無垢の板材さえ手に入れば、調理方法はいたってカンタン

木のやさしい香りで風味アップして「映え」もバツグン

 焼き網を囲んで薄切り肉をあぶりながら食べる「焼き肉」、弱火で数時間かけてブロック肉を加熱する「ロースト」など、ひとくちに「バーベキュー」といっても調理法も楽しみ方もさまざまだ。

 5年ほど前より、厚手のミニ鉄板でじんわり食材に火を通す「鉄板焼き」が注目されているが、今年は鉄板のかわりに木の板を使う「ウッドプランク」に挑戦してはどうだろう。

【関連記事】「ステップワゴン」「ノア&ヴォクシー」「セレナ」を徹底検証! 最新Mクラスボックス型ミニバンで車中泊に一番向いているのドレ?

杉板にサーモンを載せて焼くと香りが最高画像はこちら

杉板に食材を載せて調理する、古くて新しい「ウッドプランク」

 自然素材を使うバーベキューといえば、古くから熱した石で肉を焼く「石焼き」が知られているが、水分を含んだ石を焼くと爆ぜる危険がある。それに油が染みた石の処分も大変だ。

「ウッドプランク」は石でも鉄板でもなく、杉板に食材を載せて加熱する。新しい調理法に見えるが、ネイティブアメリカンが杉板に載せたサケをあぶったものが発祥といわれていて、日本でも伝統的な「板焼き」という調理法がある。

 北欧にも杉板にサーモンを打ちつけて焚き火であぶる「ロイムロヒ」という料理があり、クラフト作家であり野外料理家の長野修平さんに教えてもらった。無垢の野地板に、杉で作ったクギでサーモンを打ち付けている。古くて新しいバーベキューの楽しみ方なのだ。

【関連記事】「ステップワゴン」「ノア&ヴォクシー」「セレナ」を徹底検証! 最新Mクラスボックス型ミニバンで車中泊に一番向いているのドレ?

北欧の料理「ロイムロヒ」でも杉板をつかう画像はこちら

ウッドプランクの手順1 杉板を水に浸す

 まずは杉板を手に入れる。「ウェーバー」や「SOTO」などアウトドアブランドでも杉板が販売されているが、野地板など無塗装の杉板があればそれでいい。

 もちろん、スモークチップなどに使われるサクラやクルミ、ヒッコリーのような板でもよく、杉板よりもコストがかかるものの、杉とはまた違う風味を楽しめる。いずれにせよ食材を載せるものなので無垢材を使おう。もちろん、自分で丸太を割ってウッドプランクを楽しむのも当然、あり。その場合は1cm以上の厚みに仕上げたい。

 1時間以上(できればひと晩)水に浸した杉板をバーベキューグリルに載せ、両面を軽く温める。水の代わりに杉板を酒に浸してもよく、これで板が燃え上がるのを防ぐ。

1時間以上(できれば一晩)水に浸した杉板をバーベキューグリルに載せる画像はこちら

画像ギャラリー