専用ギアがすべてじゃない! 達人がアウトドアで活用している身近な道具5選 (2/2ページ)

その4:「ヘッドライト」はランタンを越える秘密兵器

 キャンプの必需品といえばランタンですが、ランタンと合わせて経験者の多くは「ヘッドライト」を携帯していることが多いようです。ランタンは周囲を明るく照らしてくれるものの、ピンポイントの照射には向いていません。そんなとき、小型の懐中電灯を使っている人も多いと思いますが、達人たちは頭に装着するヘッドライトを愛用しています。

【関連記事】1560万円で憧れのキャンパーライフ! 米国で大人気の「ソリスポケット36A」は日本の道路状況にもぴったりでした

ヘッドランプのイメージ画像はこちら

 懐中電灯とは違い両手がフリーになることで作業効率も上がり、頭に装着するヘッドライトは自分の視線に合わせて前方を照射してくれるのが最大の魅力ポイント。夜間、テント内での読者や早朝のカブトムシ捕獲、夜釣りでのリグ作りには欠かせないアイテムとして高い支持率を誇っています。

その5:無いと困る「軍手」は頼れるバイプレイヤー

 キャンプ道具にこだわり始めると高級な革手袋やナイフでも切れないグローブが欲しくなります。もちろん、どちらも魅力的な存在ではあるものの、達人たちが必ず携帯しているのが作業用の「軍手」です。

軍手のイメージ画像はこちら

 軍手はホームセンターや作業着専門店で12双組み(1ダース)でも500円程度と格安に設定され、消耗品として販売されている魅力的な存在。この軍手こそがキャンプに欠かせないバイプレイヤーであり、薪の運搬やテントの設営・撤収、調理、焚火、防寒としても活躍してくれるのです。

 達人たちはキャンプの撤収時に使い終えた軍手をはめ、雑巾の代わりにしてテントやタープの表面を撫でて水滴や芝生、土、ホコリを落とし、抜いたペグやポールの土をしごくように拭うことで帰宅してからの掃除の手間を省いているのです。

表舞台には取り上げられない縁の下の力持ち!

 今回はキャンプの達人たちが愛用する5つの秘密道具をお届けしましたが、キャンプを長く続けていくと自然と辿り着く「実用品」が生まれてきます。雑誌やWEBマガジンでは取り上げにくい地味な存在ではありますが、快適なキャンプを支えてくれる縁の下の力持ちの存在は欠かせません。もし、この記事を読んで「俺はコレをおすすめする」という便利な秘密道具あれば……編集部までこっそりとご一報ください。