一流はメンテすらも楽しむ! キャンプギアを「長生き」させる6つの手入れ (1/2ページ)

一流はメンテすらも楽しむ! キャンプギアを「長生き」させる6つの手入れ

キャンプギアは丁寧な手入れで長持ちさえることが可能

 キャンプ道具に限らず、クルマ、オートバイ、自転車、家電製品、ゴルフクラブ、スキー、スノーボード、釣り道具、靴、時計など、日ごろからしっかりとメンテナンスを施すことで寿命を延ばし、ベストなコンディションで使い続けることができる。ここではキャンプ道具にスポットを当て、簡単なメンテナンス術をレクチャーしたいと思う。

 大自然のなかで楽しむキャンプは楽しいものだが、過酷な条件下で使用するキャンプ道具には大きなストレスが掛かってしまうことは避けられない。しかし、楽しんだあとにしっかりとケアし、メンテナンスを施すことでキャンプ道具の寿命を延ばすことができる。お手入れするのは面倒……と思うかもしれないが、メンテナンスまでが「キャンプ」と考え、その手間を楽しんでほしい。

テントやタープは乾燥させてカビの繁殖を防ぐ

 キャンプの主役的存在でもあるテントやタープ。外側は夜露、内側は結露で濡れ、土やホコリで汚れてしまうのはキャンプ道具の宿命だが、湿気や汚れが付着したまま収納してしまうと劣化を早めることになる。

【関連記事】米国の「DIY」はスケールがケタ違い! イケメン主夫の自宅と愛車テスラ「モデル3」を拝見──米国放浪バンライフ:Vol.11

テントを片付けるイメージ画像はこちら

 キャンプが終わったあとは収納袋には入れず、余裕のあるゴミ袋やトートバッグに入れて持ち帰り、汚れを拭き取ったあとに風通しの良い場所で陰干をしよう。汚れを拭き取る場合には薄めた中性洗剤を使い、固く絞った雑巾で優しく作業するのがコツ。強く擦ってしまうと防水・撥水効果を剥がしてしまうことになるので注意してほしい。

 テントは外側だけなく内側も結露で湿っているため、表側が乾いたら、裏返して内側も乾燥させることも忘れずに。また、テント内には枯葉や土、お菓子のカスなどが溜まっていることも多いので、掃除機を使って取り除くことも重要な作業だ。同時にテントやタープのポール、ペグにも土や汚れが付着していることも多いので、汚れを拭き取ったあとに潤滑・防錆剤などを薄く塗布しておくことで劣化や錆びを防ぐことができる。

 しっかりと乾燥させ、必要であれば防水スプレーなどを塗布した上で収納袋に入れて保管することがテントやタープを長持ちさせる秘訣。十分に湿気を取ることがカビの発生を防ぎ、衛生的なテント泊を約束してくれるのだ。

バーナーやBBQコンロは煮こぼれの炭化を除去

 キャンプで使ったバーナーは思った以上に汚れていることが多い。次の使用時に不完全燃焼を起こさないためにも、バーナーやヘッド部分に付着した汚れを柔らかな真鍮ブラシを使って掃除しておこう。掃除の仕方は歯磨きと同様、一定方向に優しく擦るのがコツ。バーナーや五徳部分に焼き付いた煮こぼれなどが炭化していることも多いので、除去しておくべし。

バーナーのイメージ画像はこちら

 ボックス型の2バーナーの場合にはバーナー部分だけでなく、外側の汚れを拭き取った上で自動車用のワックスを掛けておけば防汚効果も期待できる。炭や薪を使用するBBQコンロは内部の灰や汚れを落とし、錆び付いた部分に防錆スプレーを薄く塗布してから収納すること。

 ガス式のバーナーは定期的にOリングと呼ばれる部品を交換することが重要で、経年劣化によってOリングが硬化したり切れてしまうとガス漏れの原因になる。自分で交換するのも簡単だが、自信のない人は購入したお店やメンテナンスショップに相談してメンテナンスを施してもらおう。

ガソリンランタンはメンテナンスで寿命を伸ばす

 キャンパーの憧れでもあるガソリンランタン。柔らかな炎は心を癒し、キャンプサイトを優しく照らしてくれる。このガソリンランタンは収納するときにはタンクから燃料を完全に取り除いておくことが重要。代表的なコールマンのランタンでは、燃料を抜きとるためのポンプも販売されているが、ある程度の燃料を取り除いたなら燃料がなくなるまで燃焼させてしまうのもよいだろう。

ランタンのイメージ画像はこちら

 また、ポンピングで圧力を掛けるポンプカップへの注油も忘れてはならない重要なメンテナンスだ。専用のオイルを、ポンプキャップの「OIL」と書かれた穴から2~3滴注入するだけでOK。このポンプカップは消耗品なので、定期的に交換することも必要になる。ポンピングのときに圧が掛かりにくい場合や、チェックバルブから燃料が漏れている場合には交換時期だと思うべし。

 もちろん、グローブの内部の清掃や本体の汚れを落とすことも重要であり、マントルが破れている場合には交換しておこう。そのほかにもオイルランタンは芯の消耗をチェックし、残りが少ない場合には事前に交換しておけばキャンプ中に慌てることもない。LEDや蛍光灯のランタンは、収納時に電池を外して収納すること。長時間の保管で、電池の液漏れによって内部が腐食してしまうこともあるので注意してほしい。

クーラーボックスは徹底除菌で食中毒を防止

 キャンプには欠かせないクーラーボックスだが、日常的にメンテナンスをしている人は少ない。食材や飲み物を保管するクーラーボックスは衛生的に保つことが重要であり、使用前・使用後のクリーンアップは欠かせない。

クーラーボックスのイメージ画像はこちら

 使用する前には除菌スプレーなどで内部を掃除し、使用後も同様のメンテナンスを心掛けよう。キャンプで魚や肉などを保管した場合、食材から出たドリップが付着したまま保管してしまうと、菌の繁殖だけでなく悪臭が染みついてしまうこともある。そのためにも使用後は内部を除菌し、しっかりと乾燥させてから収納しよう。