お金がなくても高級感を味わうなら中古レクサス一択! 100万円で安心と満足度がハンパなかった (1/2ページ)

お金がなくても高級感を味わうなら中古レクサス一択! 100万円で安心と満足度がハンパなかった

クオリティも耐久性もコスパもグッドなレクサス車

 高級車に一度は乗ってみたい、所有してみたいと思っている人は意外といることだろう。しかし実際問題、一般的なミドルクラスの車種の2倍やそれ以上のプライスタグを掲げる高級車はおいそれとは購入することは難しい。

 そこで多くの人が手を出してしまいがちなのが、高級輸入車の中古車だ。なかには1000万円クラス級の車両であっても、登録してちょっと乗っただけですぐに数百万円のプライスダウンとなり、型落ちになろうものなら半額以下となることも珍しくない。

 ただし高級輸入車はいくら中古車価格が安くなったとしても元は高級車であるから、万が一トラブルが発生した場合はひっくり返るような見積書が突きつけられることになる。結局維持しきれずに二束三文で手放す……といった悲劇があとを絶たないのだ。

 そこで今こそオススメしたいのが、日本が世界に誇る高級車ブランドである「レクサス」の中古車である。

【関連記事】100年前にティアドロップ型のクルマが作られていた! 貴族がワンオフで作らせた最初期の「アルファ」を紹介します

レクサスGSの2005~2012年モデル画像はこちら

レクサス上陸直後の「初代」なら50万円台から

 言わずと知れたトヨタの高級車ブランドであるレクサス車は、当然ながらトヨタクオリティで作られており、少々古く、走行距離が進んだとしても、高級輸入車のように訳のわからない故障をすることは少なく、なんならほぼ故障しないといっても過言ではない品質レベルとなっているのだ。

 にもかかわらず、2005年にレクサスブランドが日本上陸した直後の「IS」、「GS」、「LS」といったモデル(日本では「初代モデル」と言われるもの)は、乗り出し価格50万円台から購入することができてしまう。

 もちろんクルマ好きからしてみれば、「型落ちのレクサス」ということになるが、型落ちであってもレクサス。最近のコンパクトカーなどと比べれば品質も装備も数段上となっている。

【関連記事】100年前にティアドロップ型のクルマが作られていた! 貴族がワンオフで作らせた最初期の「アルファ」を紹介します

レクサスISの2005~2013年モデル画像はこちら