ブームの裏で犯罪がはびこっていた! いま盗難だらけのキャンプ場で「ギアを守る」対策3選 (1/2ページ)

ブームの裏で犯罪がはびこっていた! いま盗難だらけのキャンプ場で「ギアを守る」対策3選

この記事をまとめると

  • 空前のキャンプ人気を狙って蔓延るキャンプ場の窃盗事件
  • 高額なユーズドキャンプ道具人気が盗難に拍車がかかる
  • 気分よくキャンプするなら防犯対策が今後は必要不可欠

意外と簡単にできるキャンプ場での盗難対策とは

 コロナ禍によるイベント中止や旅行自粛に後押しされ、巷では空前のアウトドアブームが吹き荒れています。週末のキャンプ場には色とりどりのテントが建ち並び、「これって密じゃないの?」と思わせるほどの盛況ぶり。アウトドアショップでは高価なキャンプ用品が飛ぶように売れ、加熱するキャンプギア市場を狙って、他ジャンルの企業も参入し始めました。さらには中古キャンプ用品を取り扱うアウトドア専門のリユースショップが勢力を増し、メルカリ、ヤフオクなどの個人オークションサイトでもキャンプ用品が高い回転率で売買されているようです。

【関連記事】フランスの実用車なのに走りも楽しくてカワイイ! ルノー・カングーが日本のアウトドア派に愛される理由とは

高額なユーズドキャンプギアの需要が盗難に拍車をかけている

 この「第二次キャンプブーム」はキャンプ人口の増加によりマナーやモラルを守れない人たちが増え、キャンプ場ではさまざまなトラブルが起きているのも否めない事実。また、マナーやモラルだけでなくキャンプ場での盗難事件も急増し、夜間や目を離した隙に愛用のキャンプギアが盗まれることが多発しているようです。

 これまでは「キャンプは自然を愛し、優しい人たちの趣味」という日本人ならではの性善説が存在していましたが、キャンプ人口が増えてキャンプギアのニーズが高まれば、そこに目を付ける輩が出没するのは当然のこと。これはキャンプだけに限らず、釣り具やオートバイなども同様で、趣味としての市場価値が高まれば、それを狙った盗難事件が増えてしまうのも悲しい事実なのです。

面倒くさいかもしれないがテントの施錠は欠かせない

 釣り具では車上荒らし、オートバイでは防犯用のロックやチェーンを切断して持ち去るなど手間の掛かる手口での盗難になりますが、盗難をキャンプに置き換えると「盗みやすい環境」が揃っていることに気が付きます。施錠されていないテント、ギアを並べたままの就寝、盗んだキャンプ道具を持ち歩いていても気付かれにくい環境、コンパクトさをウリにしているキャンプ道具は持ちやすく隠しやすいのです。

 クルマやオートバイとは違い車体番号や製品番号による判別がしにくく、転売しても足が付きにくいなど、窃盗犯からすればキャンプ場は「カモがネギを背負って群れている絶好の狩り場」なのかもしれません。そうなると、愛するキャンプ道具を守るためには『自衛』の心構えが必要であり、盗まれにくい環境を構築した「窃盗犯から狙われないサイト作り」が、これからのキャンプに求められる絶対条件になることは間違いありません。

【関連記事】フランスの実用車なのに走りも楽しくてカワイイ! ルノー・カングーが日本のアウトドア派に愛される理由とは

夜のキャンプ場のイメージ画像はこちら

画像ギャラリー