「小川張り」ってなに? テントとタープにひと工夫して快適なキャンプサイトにする方法をお教えします (2/2ページ)

雨にも負けず、風にはちょっと弱いのでしっかり設営を

 ただし、小川張りにはデメリットもあり、タープとテントを密着させるために風の影響を受けやすいのです。タープの後方に密着させたテントにより、風が抜けにくくなりタープが煽られる可能性があるので、風の強い場所では注意が必要です。設営する場合にはガイロープをしっかりと張り、抜けにくい丈夫で長めのペグを使いましょう。

 小川張りを美しく見せるためにはタープは大きめのものを使い、テントに密着させる左右のガイロープは短めにすること。テントの左右から出入りすることができなくなりますが、左右からの視線をカットできプライバシーの保護にもなります。

 前方が高くボリューム感があり、後方に向かって低くなって行く姿こそが小川張りの真骨頂。立体感のある美しいスタイルは注目を集め、ちょっぴり「キャンプが上手い人」として一目を置かれることでしょう。次のキャンプはタープとテントのレイアウトを工夫して、小川張りに挑戦してみませんか。テントの中からテープ越しに臨む景色は、いつもとは違う新鮮なものになるはずです。

【関連記事】マツダ「ボンゴ」がアゲスタイルに! なぜいまキャンピングカーをリフトアップするのか

タープとテントを連結させるキャンプ技「小川張り」とは画像はこちら

類似のテク「カンガルースタイル」は冬キャン向け

 最後に小川張りと近いものに「カンガルースタイル」というものもあります。基本的な考え方は共通なのですが、小川張りに比べて大型のタープまたは大型シェルターの中にコンパクトなテントを設営するものです。大きな屋根の下にテントを張ると言えば分かりやすいでしょう。この名前はお母さんカンガルーのお腹の袋に包まれているようなイメージで命名されたと言われています。カンガルースタイルのメリットはテントが二重構造になることで暖気が逃げにくく寒さに強いこと。寒冷地でのキャンプに最適なスタイルとしても知られています。

タープとテントを連結させるキャンプ技「小川張り」とは画像はこちら

画像ギャラリー