「メンテナンス」の記事一覧

さらに車種で絞り込む:

メルセデス・ベンツが独自に追求した「安全なシート」への進化と固定方法

あらゆる事故に対応する世界最高レベルの安全 自動車のシートは快適であり、安全な運転姿勢がとれる事も必要ですが、もし万一事故の際には「乗員を保護」するものでなければなりません。ところが、快適で安全な運転姿勢や乗車姿勢を作…

続きを読む...

クルマの故障は小さなストレスが原因! 意外にやってしまいがちな間違い操作5つ

日常の運転操作が故障の原因のタネとなる なに気に行なっているちょっとした操作が、じつはクルマを傷めてしまっていることがある。すぐに壊れてしまうようなことはないものの、愛車は小さなストレスが積み重なっていることは間違いな…

続きを読む...

シートベルトは乗員を守る命綱! 「メルセデス・ベンツ」は1950年代から乗員の安全を追究

世界一の安全性を求めて最も重視した安全装備 クルマの事故が起きた際、乗員の安全を如何に守るか。セーフティファーストであり、乗員を守る命綱「シートベルト」が大切なのは周知の通りです。その歴史を遡ると、1951年にメルセデス...

続きを読む...

意外と知らない「クルマに負担のかかりやすい走り方」

良かれと思っていることが大間違い クルマを長持ちさせるコツは、人間の健康を保つのと基本的に同じ。適度な運動と質のいい食事、そして休養の3つのバランスが重要だ。もっともクルマの場合、じつは一番ダメなのは”走らせ...

続きを読む...

ワンアームからサイドミラー用まで「雨には勝てたけど、時代に負けてしまった変わり種ワイパー」

画期的な機構だけど実用性は? クルマの「ワイパー」といえば、フロントガラスやリアガラスに付着した雨や雪、汚れを拭き取るためのモノ。開発された頃から基本構造に大きな変化はないのですが、時代と共にその拭き取り方が少し変わっ…

続きを読む...

なぜ追突されても火災は起きない? メルセデス・ベンツが追究した「燃料タンク」の構造と安全性

メルセデス・ベンツの考える安全思想 燃料タンクが起因する車両火災のお話しをする前に、メルセデス・ベンツの「セーフティセル設計」について説明しましょう。これは、事故の衝撃を吸収して乗員を守る、という設計思想のこと。つまり…

続きを読む...

    ダイハツの「音声による点検結果入力システム」法定12ヶ月点検で運用をスタート

    アフターサービス業務の品質向上や効率化を目指す ダイハツは、定期的なクルマの点検・整備時に、整備士の音声を認識し、点検結果が自動入力されるシステムを開発。2018年2月から「1人作業に特化した6ヶ月点検」時の運用を、全国...

    続きを読む...

    1 / 37123...102030...»