「FOOT WORK」の記事一覧

さらに車種で絞り込む:

電気自動車「リーフ」もリフトアップするとワイルドに!新感覚なアゲレシピ♪♪

足元は手軽のスプリングでちょいアゲし、オリジナルのテッチンでキメる電気自動車だから、エコカーだから、大人しく街乗り仕様で。そんな枠にとらわれていたら、楽しいクルマには出会えない。例えば「ESB」が手がけた日産リーフ。今後...

続きを読む...

SUBARU XVを日常でワクワクできるオフロードスタイルへ

「好きな場所へ自由に、オシャレに」。クロスオーバーSUVの新しい楽しみ方本格的なキャンピングカーはいらないけれど、たまには家族や仲間を乗せて、キャンプやアウトドアも楽しみたい。兵庫県神戸市に店舗を構える「ダブルフット事業...

続きを読む...

3000万円のAMG G65をローダウンさせる専用スプリングを開発

快適なローダウンを実現する専用モデルは全長式ダンパーとの併用がオススメ重心の高いメルセデス・ベンツ Gクラスは、コーナリングなどにおいてアンダーステアの傾向が見受けられる。それらを解決するべく「ボンドショップ浦和」が研究.…

続きを読む...

クルマのフロア下中央に装着するだけで剛性アップする「CPMロワレインフォースメント」

ドイツ車で鍛えあげたノウハウをトヨタ86&スバルBRZ用に投入ボディ中央下部に装着する、大きなベルトのバックルのような形状のパーツ。これがCPMロワレインフォースである。クルマのボディ下前後に装着して補強パーツは、比較的...

続きを読む...

整備不良で捕まらない「正しい車高ダウンの基準とは」

1995年の規制緩和でサス交換が認可申請なしで車高を変更できるようになった合法的な車高は最低地上高が90mm。しかし、この高さはどの部分を測定した数字なのか?じつはバンパーや足まわりの可動するロアアームなどは、この数値を...

続きを読む...

「ワークス・チューニング」だからこそ可能になる走行性能&ルックスの向上

家族が乗るクルマで安心して走りを楽しむ、ディーラーで買える最新アイテム事情自動車メーカー直系のワークスブランド。トヨタならTRD、日産ならNISMO、ホンダなら無限、スバルなら STIと、それぞれが車両にふさわしいチュー...

続きを読む...

BMW M4へ「毒グモ」をイメージにフルラッピング製作

BMW愛と個性の発露が溶け合った完全無欠の欲張り仕様を具現化ミツバチカラーのE92でスタコンシーンを席巻した達人が、M4へとスイッチ。クルマは変わっても、そこにあるのはやっぱりオーナーなりの”スタイル”だ。BMWの定番を...

続きを読む...

【LSD】クルマの走りを激変させる駆動系セッティングの重要ポイント

ワイルド&シャープに愛車の動きを激変させるL.S.Dの基本的働きは以前紹介した。今回はそこから一歩踏み込んでL.S.D(リミテッド・スリップ・デフ)の選び方やセッティング方法をリポート。セッティングによって変化するL.S...

続きを読む...

1 / 22123...1020...»

ウィークリーランキング

  1. FC3S型 RX-7の歴史を振り返る「ロータリー・エンジン搭載車ヒストリー」

    日本を代表するスポーツカーに昇華したRX-7。 SA22Cの後継、FC...

  2. 「チームタイサン」がスカイラインGT-Rなど往年の名マシンをオークションに出展

    鈴鹿サーキットでオークションを開催 マニア垂涎のパーツやグッズも出展さ...

  3. 20年の時を経て復活!! 古い軽自動車をイジって楽しむ憧れカーライフ

    長期間放置されたドンガラと思えぬほどに 活き活きと蘇った"瑠璃色ライフ...

  4. 44歳 現役宣言!! 現代にタイムスリップした「ステップバン」

    昭和49年式ゆえの年季が入ってますが、 オートマ&エアコン装備で走りも...

  5. 広大な空間だからこそできる「ハイエースの内装活用テクニック」

    「ハイエーススタイルミーティング」で見た ユーザーカーのインテリアメイ...

  6. この1台で遊びが100倍楽しくなる!! アゲ系ハイエース『ニーズボックスWGT』の正体

    10人乗れて荷物も運べる新ジャンル 見た目もオシャレなトランポワゴンが...

  7. MAZDA RX-7 SA22C「ロータリー・エンジンを世に知らしめた初代モデル」

    サバンナの派生モデルを始祖に、 世界に冠たるスポーツカーに昇華したRX...

  8. 名車W124の魅力「コストを徹底的にかけた」と語り継がれるメルセデス・ベンツ

    派生モデルの誕生でラインアップも充実、 「最善か無か」の哲学で生まれた...

  9. FD3S型 RX-7 & RX-8の歴史を振り返る「ロータリー・エンジン搭載車ヒストリー」

    パワーよりもハンドリングにこだわった マツダのピュアスポーツモデルへ ...

  10. 車中泊と仮眠は大違い!道の駅やSA/PAに宿泊する無法者が増殖中

    駐車できるスペースならばどこでもOK?? 意外と知らていないタブーな場...