「カスタマイズ」の記事一覧 - 10ページ目

さらに車種で絞り込む:

無骨なデザインが魅力! ソロキャンプなどアウトドアシーンが似合うバイク5選

積載に便利なキャリアにも注目 インテックス大阪で開催された「大阪オートモーターサイクルショー2019」で、ホンダではソロキャン(独りキャンプ)シーン、ヤマハでは自然をイメージさせるグリーンカラーにラッピングしたアクティブ...

続きを読む...

ドライバー専用のサングラス発売へ、赤信号などの見やすさを重視したレンズを採用

レーシングドライバー山野哲也と共同開発 スポーツ用各種アイウエア・眼鏡・光学機器などを製造販売する山本光学は、『ULTRA LENS For DRIVING』シリーズを発売。SWANS直営店、SWANS公式オンラインショ...

続きを読む...

ホイールの大径化は見た目だけ? 「インチアップのメリットとデメリット」

プラス面とマイナス面をどう捉えるべきか ドレスアップの第一歩として多くのユーザーが実施するホイールの交換。ここでキーワードとなるのが、インチアップだ。純正で16インチサイズのホイールを履くクルマに、17インチや18インチ...

続きを読む...

安全面へのリスクは? クルマの軽量化こそ効率的なチューニングとなるワケ

ハンドリングや燃費の向上に恩恵あり 最近のモデルチェンジでは軽量化についてアピールすることが増えている印象がある。スーパースポーツではアルミを使うのは当たり前で、カーボンへの置換もどんどん進んでいる。量産モデルでもハイ…

続きを読む...

スカイラインGT-RとフェアレディZが前掛けに! 働く男の魅力を倍増する絶品アイテム

旧車ファン必見なタペストリーも登場 日産自動車の監修を受けたオリジナルグッズとして、「スカイラインGT-R」や「フェアレディZ」のロゴをモチーフにした前掛けなど、懐かしさの中にクールさも感じられるアイテム群が「ワキプリン...

続きを読む...

ホイール汚れの原因「頑固なブレーキダスト」の除去方法と予防策

鉄粉を放っておくのは危険行為 クルマ好きならば気になるのがホイールの汚れ。いくらボディをキレイにしてもホイールが汚いと全体のイメージは美しいと言えない。今回はキレイに保つ方法だけでなく、汚れの原因となる「ダスト」そのも…

続きを読む...

10 / 382«...91011...203040...»

ウィークリーランキング

  1. クルマ通ほど誤解している? 正しいエンジンの始動方法とは

    アクセルを踏みながらの始動は無用  かつて、ソレックスやウェーバーとい...

  2. 中古価格100万円未満!まもなく手が届かなくなりそうな国産車5選

    ネオクラシックな日本車がブームに  旧車ブームと一括りにしてしまうのは...

  3. ETCカードと車載器「エラーの原因とその対策」

    エラーコードの数値には意味がある、 主なトラブル7つはこう対処すべし!...

  4. もはや伝説の名車? たった1代限りで絶滅した国産スポーツカー5選

    中古市場では価格の上がっているモデルも  スポーツカーに限らず、名車と...

  5. 派生モデルも存在した「ルパン三世が愛した旧フィアット500って?」 

    非力でも必要にして十分なパフォーマンス  個人的な趣味趣向を押し付ける...

  6. 自動車のハイパワー化は悪だった「馬力規制で飛躍した昭和のクルマたち」

    規制突破に満ちた高度経済成長期  日本では、2004年まで国産車には「...

  7. アバルト好きが高じて、ホンモノそっくりに仕上げられた「ダイハツ・エッセ」

    軽自動車ベースだからこそオモシロイ! 500ルックから跳ね馬の魂が宿っ...

  8. 現在の自動車には皆無! コンパクトなボディに大排気量エンジン搭載したクルマ4選

    ナリは小粒でも走りは刺激的  最近では上級車種であっても小排気量で過給...

  9. キャンピングカーから救急車まで! 街中でよく見かける特装カスタマイズメーカー3つ

    社会生活に貢献するクルマも数多し  ひと昔前まではクルマのカスタマイズ...

  10. 嗚呼、懐かしのクルマ文化「昭和に流行ったカスタム&スタイル」6選

    現代では新鮮に映る当時モノ  クルマに限らず、ファッション、髪型、食べ...